QIAamp DNA Investigator Kit

法医学およびヒト個人識別用サンプルからの手動または自動化DNA精製向け

S_1084_5_GEN_V2

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

QIAamp DNA Investigator Kit (50)

Cat. No. / ID:  56504

DNA調製50回用:50 QIAamp MinElute Columns、Proteinase K、担体RNA、Buffers、Collection Tubes (2 ml)
Copy order details
$366.00
Log in To see your account pricing.
QIAamp DNA Investigator Kit は、法医学、ヒト個人識別、父子鑑別における分子生物学的アプリケーション向けであり、疾病の診断、予防、治療を目的とはしていません。

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

Features

  • 手動で、またはQIAcube Connect上で高品質ですぐに使用できるDNAの精製
  • 一貫性があり、高収率
  • 汚染物質や阻害物質の完全な除去

Product Details

QIAamp DNA Investigator Kitで、乾燥血液、骨、性的暴力のサンプル、スワブ、フィルターを含むケースワークサンプルなどの広範な法医学およびヒト個人識別サンプルからのゲノムDNAを精製できます。キットは、QIAamp MinEluteスピンカラムを使用して、柔軟な溶出量で、高品質DNAを精製します。精製は、迅速で効率良く、精製したDNAは、定量PCRやSTR解析などのダウンストリームの分析で優れた性能を発揮し、高い信号雑音比が得られます。QIAamp DNA Investigator Kitを使用したDNAの精製は、QIAcube Connect上で自動化することができます。QIAamp DNA Investigator Kitは、ISO 18385の要件を満たしています。

Performance

QIAamp DNA Investigator Kitは、(たとえば、犯罪現場から得られた)微量のサンプルからのDNA精製に適しています。フィンガープリンティングや父子鑑定を含む遺伝子型決定や、レファレンスサンプルのルーチン分析に使用できます。

サンプル溶解の後、複数のサンプルの同時プロセッシングに最適である単純なQIAamp DNA Investigatorの手順は、30分足らずで純粋なDNAを収穫します。DNAは、Buffer ATEまたは水で溶出し、増幅反応で直接すぐ使用することができ、あるいは–20°Cで保管することもできます。精製されたDNAは、タンパク質、ヌクレアーゼ、他の阻害剤フリーです。

Principle

QIAamp DNA Investigator Kitは、シリカベース膜の選択的結合特性を、20~100 μlの柔軟な溶出量と組み合わせています。

Procedure

高品質のDNAを柔軟な溶出量で精製するためのQIAamp MinEluteスピンカラムを使用して、QIAamp DNA Investigatorの手順は4つのステップで構成されます(フローチャート「 Procedure」を参照)。サンプルは、プロテイナーゼKで変性条件の下で溶解します。DNAは膜に結合し、汚染物質は通過して、残存する汚染物質は洗い流されます。高純度で濃縮されたDNAは、膜から溶出します。QIAamp DNA Investigator Kitは、 QIAcube上で自動化できます。

手順は、サンプル間のクロスコンタミネーションがないことを保証するよう設計されています。

See figures

Applications

QIAamp DNA Investigator Kitを使用して得られた高品質DNAは、以下のようなアプリケーションのための法医学およびヒト個人識別検査で直接使用するのに適しています。

  • フィンガープリンティングや父子分析などの遺伝子型決定
  • 微量のサンプル(犯罪現場など)からのDNA精製
  • レファレンスサンプルのルーチン分析

Supporting data and figures

Specifications

FeaturesSpecifications
ApplicationsReal-time PCR、STR分析
Purification of total RNA, miRNA, poly A+ mRNA, DNA or proteinゲノムDNA、ミトコンドリアDNA
Sample types広範な法医学的およびヒト個人識別検査サンプル材料
Processing手動
Elution volume20 ~ 100 µl
Time per run or per prep30分未満
Technologyシリカテクノロジー
Formatスピンカラム
Yield< 3 µg

Resources

キットハンドブック (1)
MSDS (1)
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
テクニカルインフォメーション (1)
Quality initiatives for human identity testing and forensics 
Safety Data Sheets (1)
Certificates of Analysis (1)
Kit Handbooks (1)
Technical Information (1)
Quality initiatives for human identity testing and forensics 

FAQ

I received a kit containing the MinElute columns; however, they were left out for a while and not stored at 2–8°C upon receipt. Can I still use them?

The MinElute spin columns included in the following kits should be stored at 2–8°C upon arrival: AllPrep DNA/RNA Micro, EpiTect Fast DNA Bisulfite, EpiTect Fast FFPE Bisulfite, EpiTect Fast LyseAll Bisulfite, EpiTect Plus DNA Bisulfite, EpiTect Plus FFPE Bisulfite, EpiTect Plus LyseAll Bisulfite, exoRNeasy Serum/plasma Maxi, exoRNeasy Serum/Plasma Midi, GeneRead DNA FFPE, GeneRead rRNA Depletion, GeneRead Size Selection, MinElute Gel Extraction, MinElute PCR Purification, MinElute Reaction Cleanup, miRNeasy FFPE, miRNeasy Micro, miRNeasy Serum/Plasma, QIAamp DNA FFPE, QIAamp DNA Investigator, QIAamp DNA Micro, QIAamp MinElute Media, QIAamp MinElute Virus Spin, QIAamp MinElute Virus Vacuum, RNeasy FFPE, RNeasy Micro, RNeasy Plus Micro.

Short-term storage (up to 4 weeks) at room temperature (15–25°C) does not affect the performance. However, for optimal performance and quality, storage temperature should not exceed 25°C.

FAQ ID - 3560
What is the composition of elution buffer ATE in the QIAamp DNA Investigator kit, QIAamp DNA FFPE Tissue kit and the QIAamp Fast DNA Stool Mini kit?

The composition of Buffer ATE is:

- 10 mM Tris-Cl pH 8.3

- 0.1 mM EDTA

- 0.04% NaN3 (sodium-azide)

FAQ ID -3122
What can be used as an alternative to the A260 measurement for quantification of small amounts of RNA and DNA?

Small amounts of RNA and DNA may be difficult to measure spectrophotometrically. Fluorometric measurements, or quantitative RT-PCR and PCR are more sensitive and accurate methods to quantify low amounts of RNA or DNA.

Fluorometric measurements are carried out using nucleic acid binding dyes, such as RiboGreen® RNA Quantitation Reagent for RNA, and PicoGreen® DNA Quantitation Reagent for DNA (Molecular Probes, Inc.).

FAQ ID -728