S_1151_8_Strep_tagAntibody

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

Strep-tag Antibody (100 µg)

Cat. No. / ID:  34850

Strep-tag IIエピトープを認識するマウスモノクローナル抗体、凍結乾燥、1000 ml 作業溶液用
Copy order details
$935.00
Log in To see your account pricing.
Strep-tag Antibodyは分子生物学的アプリケーション用であり、疾病の診断、予防、あるいは治療に使用することはできません。

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

Features

  • ドットブロッティングおよびウェスタンブロッティング手順で卓越した結果
  • 高感度かつ高特異性検出

Product Details

モノクローナルマウス Strepタグ抗体を使用し、短いStrepタグアフィニティータグエピトープを持つ組み換えタンパク質を高い特異性と感度で検出します。すべてのQIAGENマウスモノクローナル抗体と同様に、無血清条件下で調製されており、ウイルス、マイコプラズマ、汚染免疫グロブリンが存在しないことが保証されています。

Performance

Strep-tag Antibodyはタンパク質の高感度検出を可能にします(図を参照:  Strepタグを持つタンパク質の高感度検出、および 2ステップで超高純度タンパク質
See figures

Principle

実績のある6xHisタグと短いStrep-tag IIに基づく2ステップアフィニティー精製システムにより、迅速で、かつ標準化された手順により、シンプルかつ高い効率で超高純度タンパク質の精製が可能になります。両タグを持つ組み換えタンパク質は、Ni-NTAマトリックスとStrep-Tactinマトリックス上で連続精製されます(図  2ステップで超高純度タンパク質を参照)。これら2つのシンプルなアフィニティー精製により、あらゆるダウンストリームアプリケーションに適した完全活性、完全長の超高純度タンパク質が得られます。

See figures

Procedure

2つの小さなアフィニティタグ(6xHisタグとStrep-tag II)を持つ組み換えタンパク質は、pQE-TriSystem His·Strepベクターを用いて、E. coli、昆虫、哺乳動物細胞で効率的に発現します。細胞を溶解し、溶解物を澄明にしてから、まずタンパク質を、実績のある6xHis-tag-Ni-NTA相互作用に基づく固定化金属アフィニティークロマトグラフィー手順を用いて精製します。イミダゾールを用いてNi-NTAマトリックスから溶出後、組み換えタンパク質(Strep-tag IIエピトープも持つ)をStrep-Tactinマトリックスに直接ロードします。バッファー交換は不要です。タンパク質は、ビオチンまたはデスチオビオチンを用いて、Strep-Tactinマトリックスから溶出します。この2ステップアフィニティー精製により、超高純度(純度98%以上)のタンパク質が得られます(図  2ステップアフィニティ精製手順を参照)。精製の順序を逆にすることもできます(すなわち、 Strep-Tactin精製の後にNi-NTA精製を行う)。タンパク質はマウスモノクローナルStrepタグまたはAnti·His抗体を用いて高い特異性と感度で検出できます。

See figures

Applications

検出にStrep-tag Antibodyを使用する2ステップアフィニティー精製システムは、高純度が重視される、あるいは達成が困難なアプリケーションに非常に適しています。標準化された精製手順により、タンパク質特異的精製プロトコールの開発と最適化が不要になり、スループットも向上します。2ステップアフィニティー精製システムが提供する超高純度と利便性により、以下の用途に最適な方法となっています:

  • 構造および機能分析
  • 真核生物系での発現

Supporting data and figures

Specifications

FeaturesSpecifications
Applicationsウェスタンブロット、ドットブロット、ELISA、免疫沈降、免疫組織化学
検出二次抗体が必要
Sensitivity in Western blots (chemiluminescent detection)1 ng
Substrate for blot detection二次抗体によって異なる
Substrates for assay procedure二次抗体によって異なる
TagStrepタグ
Epitope detectedSAWSHPQFEK

Resources

キットハンドブック (1)
MSDS (1)
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
テクニカルインフォメーション (1)
Safety Data Sheets (1)
Certificates of Analysis (1)
Kit Handbooks (1)

FAQ

What is the basic technology behind the Strep-tag Protein Purification System?

The basic technology behind the Strep-tag System is a Two-Step Affinity Protein Purification using sequential purification of recombinant proteins carrying two affinity tags. Proteins that carry these two small tags (the 6xHis tag and the 8 amino acid containing Strep-tag) are efficiently expressed in E. coli, insect, or mammalian cells using pQE-TriSystem His·Strep vectors. After cell lysis and clearing of the lysate, proteins are initially purified by a procedure based on the proven 6xHis-tag-Ni-NTA interaction. After elution from the Ni-NTA matrix using imidazole, recombinant proteins (which also carry the Strep-tag epitope) are loaded directly onto a Strep-Tactin matrix (Strep-Tactin SuperFlow or Strep-Tactin Magnetic Beads). Protein is eluted from the Strep-Tactin matrix using either biotin or desthiobiotin. This two-step affinity purification delivers ultrapure (>98% pure) protein. The order of purifications can also be reversed (i.e., Strep-Tactin followed by Ni-NTA purification). Since purification is done under native conditions, the Two-Step Affinity Purification System can be beneficial for highly demanding applications (i.e., crystallization studies).

 

FAQ ID -740
What is the concentration of SureENTRY Transduction Reagent?
The concentration of SureENTRY Transduction Reagent is 10 mg/ml.
FAQ ID - 3708