QIAamp Circulating Nucleic Acid Kit

ヒト血漿あるいは血清から遊離DNA/RNAを分離

S_1583_RPA_QA_s

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

QIAamp Circulating Nucleic Acid Kit (50)

Cat. No. / ID:  55114

For 50 preps: QIAamp Mini Columns, Tube Extenders (20 ml), QIAGEN Proteinase K, Carrier RNA, Buffers, VacConnectors, and Collection Tubes (1.5 ml and 2 ml)
Copy order details
$1,554.00
Log in To see your account pricing.
KitAccessories
QIAamp Circulating Nucleic Acid Kit
Carrier RNA
関連情報: Yuk-Ming Dennis Lo 博士, “新規バイオリソース: 血漿中遊離核酸の現状と将来の可能性” (QIAGENeyes 7 2013年9月号 掲載)
QIAamp Circulating Nucleic Acid Kitは分子生物学的アプリケーション用であり、疾病の診断、予防、あるいは治療に使用することはできません。

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

Features

  • サンプルインプット量を増やし(最高5 ml)、溶出量を減らす(最少20 µl)ことで核酸の高濃縮を実現
  • フラグメント化したDNAおよびRNAを効率的に回収
  • 有機溶媒抽出およびアルコール沈殿不要
  • 夾雑物および阻害物質を除去

Product Details

QIAamp Circulating Nucleic Acid Kit は血漿あるいは血清中の遊離DNAおよびRNAを簡単に濃縮・分離できます。

本キットのご使用には、QIAvac 24 Plus (Cat. no. 19413) が必要です。また、QIAvac Connecting System (Cat. no. 19419) と併用していただくと大変便利です。

Performance

癌に特異的な血中のDNAフラグメントやmiRNAを解析することにより、血液サンプルから癌タイプの特定が可能です。血中を循環するこれらの核酸は、血清や血漿中に短いフラグメントとして存在します(DNA は1,000 bp以下、RNA は1,000 nt以下)。さらに、精製されたRNA に含まれる21 nt程度のmiRNAは、癌や病態に対するバイオマーカーとして利用できる可能性があります。

QIAamp Circulating Nucleic Acid Kit は、ヒト血漿や血清、その他の無細胞体液から遊離核酸を効率的に精製します。再現性のある収量と効率的調製法により、遊離核酸分布を正確に反映します(図 " 遊離DNAを高い再現性で回収")。Tube Extender とQIAvac 24 Plus を用いた吸引操作は、最高5 mlからのサンプル調製を実現し、20 µl から150 µl までの幅広い溶出容量により、低濃度で存在する遊離核酸を濃縮できます。本キットはシリカゲルメンブレンへの選択的結合という先端技術により、核酸フラグメントの回収を改善します(図 " 改良されたDNAフラグメントの回収")。

RNase-Free DNase Set を用いてDNA分解を行なうと、DNAフリーの遊離RNAを精製できます。専用プロトコールはmiRNAのようなsmall RNAの効率的な精製を実現します(図 " 遊離miRNA の効率的な精製")。メチル化DNAはQIAamp Circulating Nucleic Acid Kitを用いて効率的に精製できます。精製DNAはメチル化を保持しているために、メチル化状態を解析するBisulfite変換が可能です(図 " メチル化DNAの効率的な回収")。

精製・濃縮した遊離DNAおよびRNAは、タンパク質、ヌクレアーゼ、その他の不純物が取り除かれ、次のような様々なダウンストリームアプリケーションに即使用可能です。

  • PCR およびリアルタイム定量PCR / RT-PCR
  • 血液を利用した癌検出のためのバイオマーカー研究および評価
  • ウイルス核酸検出 
See figures

Principle

QIAamp Circulating Nucleic Acid Kit は、血漿あるいは血清中の遊離DNAおよび遊離RNA を簡単に分離できます。フェノール/クロロホルム抽出は不要です。核酸は選択的にQIAamp Mini columnに結合し、夾雑物は洗い流されます。2価の陽イオンおよびタンパク質などのPCR阻害物質は、3回の効率的な洗浄ステップにより完全に除去され、高純度の核酸は水あるいはキットに同梱のバッファーで溶出します。QIAamp Circulating Nucleic Acid テクノロジーは、ヒトの血漿、血清、尿からの遊離DNAおよび遊離RNAを精製します。

QIAamp Circulating Nucleic Acid Kit は、シリカゲルメンブレンの選択的な結合能力および20~150 μlの幅広い溶出容量を組み合わせています。RNase-Free DNase Setを用いてDNAを分解すれば、遊離RNAのみ精製できます。

Procedure

QIAamp Circulating Nucleic Acid の手順は4段階(溶解、結合、洗浄、溶出)で、吸引マニホールド上でQIAamp Mini columnを用いて操作できます。手順が簡単で多数のサンプルの同時処理に適しており、24サンプルあたり2時間未満で核酸を精製できます。QIAamp Circulating Nucleic Acid Kit をウイルスRNA/DNAの単離に使用する場合は、全てのウイルス種について性能が保証されている訳ではありませんので、ユーザによる検証が必要となります。

Applications

QIAamp Circulating Nucleic Acid Kit は、低濃度のフラグメント化したDNAやRNAを含むスタートサンプルから、循環している遊離核酸(DNA、RNA、miRNA、ウイルス核酸)を効率的に精製、濃縮します(ヒト血漿中の遊離DNA濃度は通常1~100 ng/ml)。5 mlまでのスタートサンプル量を処理できます。

QIAamp Circulating Nucleic Acid Kitは以下のようなサンプルから核酸を精製、濃縮します。

  • ヒト血漿
  • 血清
  • 尿

Supporting data and figures

Specifications

FeaturesSpecifications
ApplicationsPCR, real-time PCR
CE/FDA/IVD compatible-
TechnologySilica technology
Purification of total RNA, miRNA, poly A+ mRNA, DNA or proteinFree-circulating DNA, RNA and miRNA, viral DNA, viral RNA
Time per run or per prep<2 hour for 24 preps
FormatQIAamp Mini Columns
Main sample typeSerum, plasma
ProcessingManual (vacuum)
Sample amount1-5 ml
Elution volume20–150 µl
YieldVaries, due to donor-to-donor variations and disease status

Resources

パンフレット (1)
キットハンドブック (1)
For concentration and purification of free-circulating DNA and RNA from human plasma or serum
MSDS (2)
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
Certificates of Analysis (1)
Brochures & Guides (1)
Kit Handbooks (1)
For concentration and purification of free-circulating DNA and RNA from human plasma or serum

Publications

Noninvasive whole-genome sequencing of a human fetus.
Kitzman JO; Snyder MW; Ventura M; Lewis AP; Qiu R; Simmons LE; Gammill HS; Rubens CE; Santillan DA; Murray JC; Tabor HK; Bamshad MJ; Eichler EE; Shendure J;
Sci Transl Med; 2012; 4 (137):137ra76 2012 Jun 6 PMID:22674554
Non-invasive prenatal measurement of the fetal genome.
Fan HC; Gu W; Wang J; Blumenfeld YJ; El-Sayed YY; Quake SR;
Nature; 2012; 487 (7407):320-4 2012 Jul 19 PMID:22763444
Frequent methylation and oncogenic role of microRNA-34b/c in small-cell lung cancer.
Tanaka N; Toyooka S; Soh J; Kubo T; Yamamoto H; Maki Y; Muraoka T; Shien K; Furukawa M; Ueno T; Asano H; Tsukuda K; Aoe K; Miyoshi S;
Lung Cancer; 2011; 76 (1):32-8 2011 Nov 1 PMID:22047961
Implementing prenatal diagnosis based on cell-free fetal DNA: accurate identification of factors affecting fetal DNA yield.
Barrett AN; Zimmermann BG; Wang D; Holloway A; Chitty LS;
PLoS One; 2011; 6 (10):e25202 2011 Oct 4 PMID:21998643
IgH gene rearrangements as plasma biomarkers in Non- Hodgkin's lymphoma patients.
He J; Wu J; Jiao Y; Wagner-Johnston N; Ambinder RF; Diaz LA Jr; Kinzler KW; Vogelstein B; Papadopoulos N;
Oncotarget; 2011; 2 (3):178-85 2011 Mar PMID:21399237

FAQ

What can be used as an alternative to the A260 measurement for quantification of small amounts of RNA and DNA?

Small amounts of RNA and DNA may be difficult to measure spectrophotometrically. Fluorometric measurements, or quantitative RT-PCR and PCR are more sensitive and accurate methods to quantify low amounts of RNA or DNA.

Fluorometric measurements are carried out using nucleic acid binding dyes, such as RiboGreen® RNA Quantitation Reagent for RNA, and PicoGreen® DNA Quantitation Reagent for DNA (Molecular Probes, Inc.).

FAQ ID -728
What is the average amount of DNA and RNA present in 1 ml normal serum?

According to an Interview with Professor Dennis Lo published in QIAGEN News Molecular Diagnostics, Issue No. 5, 2002, healthy individuals have about 500-1000 genome equivalents (DNA) per ml serum/plasma.

For free-circulating DNA in plasma, the concentration can range from 1–100 ng/ml in healthy individuals.

FAQ ID -635