QIAGEN OneStep RT-PCR Kit

高感度で特異的な1ステップRT-PCR

Products

QIAGEN OneStep RT-PCR Kitは分子生物学的アプリケーション用であり、疾病の診断、予防、あるいは治療に使用することはできません。
Image
QIAGEN OneStep RT-PCR Kit (100)

Cat. No. / ID:  210212

For 100 x 50 µl reactions: QIAGEN OneStep RT-PCR Enzyme Mix (1 x 200 µl), 5x QIAGEN OneStep RT-PCR Buffer (1 x 1 ml), dNTP Mix (1 x 200 µl, 10 mM each), 5x Q-Solution (1 x 2 ml), RNase-Free Water (2 x 1.9 ml)
Copy order details
$812.00
Image
QIAGEN OneStep RT-PCR Kit (1000)

Cat. No. / ID:  210215

For 1000 x 50 µl reactions (available in a single tube): QIAGEN OneStep RT-PCR Enzyme Mix (2 x 1 ml), 5x QIAGEN OneStep RT-PCR Buffer (1 x 10 ml), dNTP Mix (2 x 1 ml, 10 mM each), 5x Q-Solution (1 x 10 ml), RNase-Free Water (1 x 40 ml)
Copy order details
$7,071.00
Image
QIAGEN OneStep RT-PCR Kit (25)

Cat. No. / ID:  210210

For 25 x 50 µl reactions: QIAGEN OneStep RT-PCR Enzyme Mix (1 x 50 µl), 5x QIAGEN OneStep RT-PCR Buffer (1 x 250 µl), dNTP Mix (1 x 50 µl, 10 mM each), 5x Q-Solution (1 x 400 µl), RNase-Free Water (1 x 1.9 ml)
Copy order details
$228.00

Features

  • 迅速で簡便な1チューブセットアップ
  • どのようなRNAテンプレートでも至適化なしに効率的な1ステップRT-PCRが可能
  • ユニークな酵素のブレンドで高い特異性と感度を実現
  • 至適化された逆転写バッファーとバランスの取れた酵素ミックス

Product Details

QIAGEN One-Step RT-PCR Kitには、SensiscriptとOmniscript Reverse Transcriptaseのミックス、HotStarTaq DNA Polymerase、QIAGEN OneStep RT-PCR Buffer、dNTPミックス、増幅困難なテンプレート(GCリッチなど)の効率的な増幅を実現する画期的な添加剤Q-Solutionが含まれています。簡便な1チューブセットアップと至適化済みの反応試薬により高感度で良好な結果が得られます。

Performance

QIAGEN OneStep RT-PCR Kitは、どのようなRNAテンプレートでも高感度で特異的なRT-PCRができるように簡単なフォーマットになっています。本キットには至適化済みの反応試薬が含まれ、"1ステップ"反応で同じ反応ミックスに逆転写とPCR増幅を起こすことができます。ユニークな酵素の組み合わせと特別に開発された反応バッファーにより、効率的で高い特異性を持つ逆転写と1チューブでのPCRが実現し、至適化の必要がありません(図" 微量のテンプレートを使用した特異性の高いRT-PCR"および" ウイルスRNAの効率的な検出")。本キットに添付の画期的な2価の陽イオンのPCRバッファーでは、広範なアニーリング温度にわたり、特異的PCR産物を高収量で得られます(図" 特異性に対するアニーリング温度の影響")。不適切なRT-PCRはQ-Solutionにより改善され、このユニークな添加物はGCリッチなテンプレートや複雑な二次構造を持つテンプレートでも逆転写および増幅を容易にします(図" GCリッチなテンプレートのRT-PCR")。
See figures

Principle

QIAGEN OneStep RT-PCR Kitは、どのようなRNAテンプレートでも簡単で高感度の1ステップRT-PCRができるようにデザインされています。

QIAGEN OneStep RT-PCR Enzyme Mixは逆転写およびPCRのために特別に配合された酵素ブレンドです。RNAテンプレートに対して高いアフィニティーを有するOmniscriptおよびSensiscript Reverse Transcriptasesとのユニークな組み合わせにより、わずか1 pgから最高2 µgまでのRNA量が高い効率と高感度で確実に転写されます。逆転写後、HotStarTaq DNA Polymeraseの活性化、そして同時に逆転写酵素の不活性化のために反応液を95℃で15分間加熱します。このホットスタートステップは、プライマーダイマーのような非特異的な増幅を排除し、バックグラウンドのスメアを抑制するので、高感度で再現性のあるRT-PCRを確実にします(図" 微量のテンプレートを使用した特異性の高いRT-PCR"および" ウイルスRNAの効率的な検出")。

様々なアニーリング温度に対応

最適なプライマーのアニーリング温度は塩基成分(A、T、G、Cヌクレオチドの割合)、プライマー濃度、イオン反応環境に依存しています。QIAGEN PCR BufferにはK+およびNH4+イオンの両方が含まれ、広範なアニーリング温度にわたり、特異的PCR産物を高収量で得られます(図" 特異的プライマーアニーリングの促進")。この特異性は非特異的なプライマー結合の不安定化と、より適応性の高い反応環境によって得られ、それにより時間のかかるアニーリング温度の至適化実験の必要がなくなります。一方、図に示すとおり、K+だけを含むPCRバッファーあるいは1ステップRT-PCRバッファーを用いた場合、最適なPCRアニーリング温度の範囲は狭く、特異性も低くなっています(図" 特異性に対するアニーリング温度の影響")。

QIAGEN OneStep RT-PCR Bufferは逆転写およびPCR増幅を効率的に行なうために特別に開発されました。逆転写酵素によるPCR増幅の阻害は1ステップRT-PCRによく起きる問題ですが、これを抑制するために新たな添加物が本キットのバッファーに含まれています。さらにこのバッファーは、幅広い温度やMg2+濃度の条件下で特異的なプライマーアニーリングを可能にすることで、どのようなRNAテンプレートからでも適応性が高い効率的なRT-PCRを実現します。QIAGEN OneStep RT-PCR Kitには核酸の融解挙動を改善する画期的な添加剤Q-Solutionが添付されています。Q-Solutionにより、GCリッチなテンプレートや複雑な二次構造を持つテンプレートでも逆転写および増幅が容易になります(図" Q-Solutionを用いたGCリッチなテンプレートのRT-PCR")。Q-Solutionを使用することによって増幅困難なテンプレートを用いたRT-PCRの至適化を簡便化できます。QIAGEN OneStep RT-PCR Kitには、最も感度の高いアプリケーションにも対応できる、迅速で簡便なRT-PCRに必要な全てが含まれています(表参照)。   

信頼性の高い1ステップRT-PCR結果
QIAGEN OneStep RT-PCR Kit内容 内容
HotStarTaq DNAポリメラーゼ 特異性の高い増幅産物
SensiscriptおよびOmniscript Reverse Transcriptases 幅広いRNA量(1 pg~2 µg)を使用
高感度
OneStep RT-PCR Buffer 必要な至適化は最小限、
逆転写酵素によるPCRの阻害なし、
RNアーゼの抑制
Q-Solution GCリッチなテンプレートの増幅促進
See figures

Procedure

QIAGEN OneStep RT-PCR Kitにより迅速で簡単なRT-PCRセットアップが可能です。ウイルスの検出、分子診断研究、遺伝子発現解析など、どのようなアプリケーションでも、全ての成分を1本のチューブ中で混和し、サーマルサイクルプログラムをスタートするだけで完了です(フローチャート" OneStep RT-PCR操作手順")。反応液は逆転写およびPCRに必要な全ての試薬を含んでいるので、反応開始後は何も添加する必要がありません(表参照)。

See figures

Applications

QIAGEN OneStep RT-PCR Kitは次のようなRT-PCRアプリケーションに最適です。

  • ウイルス検出
  • シングルセルRT-PCR
  • 遺伝子発現解析

Supporting data and figures

Publications

Up-regulation of cyclooxygenase-2 expression is involved in R(+)-methanandamide-induced apoptotic death of human neuroglioma cells.
Hinz B; Ramer R; Eichele K; Weinzierl U; Brune K;
Mol Pharmacol; 2004; 66 (6):1643-51 2004 Sep 10 PMID:15361550
Drosophila crinkled, mutations of which disrupt morphogenesis and cause lethality, encodes fly myosin VIIA.
Kiehart DP; Franke JD; Chee MK; Montague RA; Chen TL; Roote J; Ashburner M;
Genetics; 2004; 168 (3):1337-52 2004 Nov PMID:15579689
Expression of growth differentiation factor 9 messenger RNA in porcine growing and preovulatory ovarian follicles.
Prochazka R; Nemcova L; Nagyova E; Kanka J;
Biol Reprod; 2004; 71 (4):1290-5 2004 Jun 9 PMID:15189836
Effect of vaccine use in the evolution of Mexican lineage H5N2 avian influenza virus.
Lee CW; Senne DA; Suarez DL;
J Virol; 2004; 78 (15):8372-81 2004 Aug PMID:15254209

FAQ

Are there specific recommendations for performing RT-PCR on RNA isolated from paraffin-embedded samples?

Paraffin-embedded or fixed samples typically yield fragmented, partially degraded RNA. In addition, RNA quality will depend greatly on the handling of the samples before, during, and after the fixation procedure. 

If performing RT-PCR with degraded RNA, we recommend using gene-specific primers or random nonamers rather than oligo-dT primers, since the mRNA poly-A tail may have been lost due to degradation.

We recommend that the RNeasy FFPE or miRNeasy FFPE kit be used to isolate the RNA.

FAQ ID -828
Do I need to use an RNase inhibitor in my RT reaction?
To be on the safe side, we highly recommend the use of RNase inhibitors in all RT reactions, since RNases are nearly everywhere and it is very easy to contaminate samples during reaction setup. The reaction conditions used for RT are well-suited for RNase activity. Even traces of RNase can nick the RNA, causing shortened cDNA products, low yields, and reduced RT-PCR sensitivity.
FAQ ID -119
Is mRNA isolation necessary for sensitive RT-PCR?
Usually not. Since RT-PCR is extremely sensitive, as little as 10–200 ng total RNA is sufficient for each 25–50 µl reaction mix, depending on the RT system. For abundant mRNA species, it is possible to use even less than 10 ng total RNA. For rare mRNA species, use a sequence-specific primer in the RT reaction to increase sensitivity. RNA content in various cells and tissues can be found here.
FAQ ID -111
Does QIAGEN sell Q-Solution separately?
No, we do not sell Q-Solution separately. It is available only as a component of the Taq DNA Polymerase, Taq PCR Core, HotStarTaq DNA PolymeraseQIAGEN Multiplex PCR-, and the QIAGEN OneStep RT-PCR Kits.
FAQ ID -204
Do you have a protocol for polyacrylamide gel analysis of oligonucleotides?
Yes, please follow the Supplementary Protocol 'Polyacrylamide_gel_analysis_of_oligonucleotides' (PCR03).
FAQ ID -961
Does the 5x OneStep RT-PCR Buffer contain BSA?
No. The 5x OneStep RT-PCR Buffer does not contain BSA.
FAQ ID -326
Can I shorten the activation time for the HotStarTaq DNA Polymerase?
No, the initial activation time of 15 minutes at 95°C is crucial. Enzyme activation will be incomplete when using shorter activation times, resulting in inefficient PCR product amplification.
FAQ ID -565