QIAamp Virus BioRobot MDx Kit

BioRobot MDxワークステーションを用いて無細胞体液からウイルスRNAおよびDNAを自動精製

Products

QIAamp Virus BioRobot MDx Kitは分子生物学的アプリケーション用であり、疾病の診断、予防、あるいは治療に使用することはできません。
Image
QIAamp Virus BioRobot MDx Kit (12)

Cat. No. / ID:  965652

For 12 x 96 preps for use on the BioRobot MDx; includes: 12 QIAamp 96 Plates, RNase-free buffers, QIAGEN Protease, Elution Microtubes CL, caps, S-Blocks, carrier RNA
Copy order details
$6,376.00

Features

  • 即使用可能な高品質なウイルスDNAおよびRNAを迅速に精製
  • 有機溶媒抽出およびアルコール沈殿不要
  • 一定した高い収量
  • 夾雑物およびインヒビターを完全除去

Product Details

QIAamp Virus BioRobot MDx Kitは、実績のあるQIAamp テクノロジーを利用し、BioRobot MDxでウイルス核酸の自動精製を実現します。完全自動化法は、調製中にマニュアルでの作業は不要で、バーコードの読み取りや完全プロセスのドキュメント化などの全プロセスを2.5時間以内で終了します。

Performance

QIAamp Virus BioRobot MDxプロセスによって、96ウェルプレートでのDNAおよびRNA回収率と純度が均一になり、サンプル間の検出可能なクロスコンタミネーションもありません。最大265 µlの細胞フリー体液を処理できます。一般的な溶出容量は75 µlです。このキットを用いるとウイルスが高い感度で検出されることがヒット率研究により例証されています(表参照)。さらに、本システムは高いプロセス信頼性と完全自動化を実現するという利点を持ち、ウイルス核酸の効率的な精製を可能にします。QIAamp Virus BioRobot MDxは、ダウンストリームアプリケーションで確実な結果を実現します。

QIAamp Virus BioRobot MDx Kitを用いて高い精度を実現
PCR産物(n=96) 装置1 装置2
平均CT 標準偏差 %CV 平均CT 標準偏差 %CV
偽ウイルス 28.26 0.10 0.35 28.38 0.18 0.65
インターナルコントロール 31.98 0.16 0.51 31.87 0.22 0.70
偽RNAウイルス(調製あたり25,000コピー)にarmored RNA分子を添加した血漿を、QIAamp Virus BioRobot MDxプロトコールを用いて2台の別々の装置で同じサンプルを96プレートに調製した。インターナルコントロールRNAを溶解バッファーに添加した。溶出したRNAをTaqMan RT-PCRシステムで増幅した。偽ウイルスおよびインターナルコントロールの両方の平均CT値、標準偏差、%CVを計算した。(データ提供:QIAGEN R&D department)

Principle

QIAamp Virus BioRobot MDx Kitは、迅速な96ウェルプレート自動化操作により、無細胞体液からウイルスRNAおよびDNAを簡便に単離することができます。フェノール/クロロホルム抽出は不要です。核酸は選択的にQIAampシリカゲルメンブレンに結合し、夾雑物は洗い流されます。2価の陽イオンおよびタンパク質などのPCRインヒビターは2回の効率的な洗浄ステップにより完全に除去され、残った高純度の核酸が水あるいはキットに添付のバッファーで溶出されます。QIAampテクノロジーにより無細胞体液から精製したウイルスRNAおよびDNAは、PCRおよびブロッティング操作にすぐに使用できます。

バーコード解読と完全なプロセスドキュメンテーションを含んだ完全自動化操作では、96サンプルが2.5時間以内に処理され、その間の手作業の必要はありません(20分間の詳細なロードチェックを含む)。本システムは高いプロセス信頼性と完全自動化を実現するという利点を持ち、ラボでのウイルス核酸の能率的な精製を可能にします。QIAampによるサンプル調製テクノロジーは、完全にライセンス保証されています。

Procedure

至適化済みのバッファーによりサンプル溶解および核酸の安定化を行ないます。またQIAampメンブレンへの核酸の選択的な吸着を高めます。アルコールを添加し、ライセートをQIAamp 96ウェルプレートにロードします。バッファー洗浄により夾雑物を取り除いた後、水あるいは低塩バッファーで即使用可能な核酸を溶出します(フローチャート" QIAamp Virus BioRobot MDx操作手順")。
See figures

Applications

QIAamp Virus BioRobot MDx Kitは実績のあるQIAampテクノロジーを利用し、BioRobot MDxワークステーション上でウイルスRNA/DNAのハイスループット自動精製を実現します。96ウェルプレートにより32~96サンプルを8の倍数で処理できます。処理可能なサンプルには以下のようなものがあります。

  • 血漿および血清
  • CSF
  • その他の無細胞体液
  • 細胞培養液上清

Supporting data and figures

Specifications

FeaturesSpecifications
ApplicationsPCR, qPCR, real-time PCR
Samples per run (throughput)36-92 samples per run
TechnologySilica technology
Main sample typeSerum, plasma
Elution volume75 µl
ProcessingAutomated
For automated processingBioRobot MDx Workstation
Sample amount265 µl
Format96-well plates
Purification of total RNA, miRNA, poly A+ mRNA, DNA or proteinViral DNA, viral RNA
Time per run or per prep<2.5 hours
Yield>90% recovery

Resources

パンフレット (1)
MSDS (1)
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
キットハンドブック (1)
For simultaneous purification of viral RNA and DNA from plasma, serum, cell-culture supernatants, and cell–free body fluids using the BioRobot MDx
Safety Data Sheets (1)
Certificates of Analysis (1)
Brochures & Guides (1)
Kit Handbooks (1)
For simultaneous purification of viral RNA and DNA from plasma, serum, cell-culture supernatants, and cell–free body fluids using the BioRobot MDx

FAQ

What is the difference between QIAGEN Protease and QIAGEN Proteinase K provided in various QIAamp Kits?

QIAGEN Proteinase K is a subtilisin-type protease, which cleaves at the carboxyl side of hydrophobic, aliphatic and aromatic amino acids. It is particularly suitable for short digestion times. It possesses a high specific activity over a wide range of temperatures and pH values with substantially increased activity at higher temperature. Soluble calcium is not essential for enzymatic activity. This means that EDTA, which is used to inhibit Mg2+-dependent enzymes such as nucleases, will not inhibit Proteinase K activity.

QIAGEN Protease is a broad-specificity Serine protease with high activity, cleaving preferentially at neutral and acidic residues. It is an economical alternative to Proteinase K for isolation of native DNA and RNA from a variety of samples.

FAQ ID -761
What can be used as an alternative to the A260 measurement for quantification of small amounts of RNA and DNA?

Small amounts of RNA and DNA may be difficult to measure spectrophotometrically. Fluorometric measurements, or quantitative RT-PCR and PCR are more sensitive and accurate methods to quantify low amounts of RNA or DNA.

Fluorometric measurements are carried out using nucleic acid binding dyes, such as RiboGreen® RNA Quantitation Reagent for RNA, and PicoGreen® DNA Quantitation Reagent for DNA (Molecular Probes, Inc.).

FAQ ID -728
How do I safely inactivate biohazardous flow-through material?

Always dispose of potentially biohazardous solutions according to your institution’s waste-disposal guidelines. Although the lysis and binding buffers in QIAamp, DNeasy, and RNeasy kits contain chaotropic agents that can inactivate some biohazardous material, local regulations dictate the proper way to dispose of biohazards. DO NOT add bleach or acidic solutions directly to the sample-preparation waste. Guanidine hydrochloride in the sample-preparation waste can form highly reactive compounds when combined with bleach.
Please access our Material Safety Data Sheets (MSDS) online for detailed information on the reagents for each respective kit.

FAQ ID -12