EZ2 Connect Fx

試薬のセットアップから溶出まで、ヒト同定アプリケーションにおける核酸抽出のエンドツーエンドの自動化

S_1121_4_HID_EZ2connect_0287

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

EZ2 Connect Fxシステム

Cat. No. / ID:  9003220

密封した充填済みカートリッジを使用して、最大24サンプルから並行して核酸を自動分離するベンチトップ機器。2x EZ2 Connectラック(EZ2 Connect FxチップラックおよびEZ2 Conect Fxチップラック–フリップキャップチューブ)、EZ2 Connect Fxカートリッジラック、および部品と作業に対する1年間の保証を含みます。
Copy order details
The EZ2 Connectは、EZ1 KitおよびEZ1&2 Kitに適合しています。
最新のライセンス情報と製品ごとの免責事項については、該当するQIAGEN キットハンドブックまたはユーザーマニュアルをご覧ください。
EZ2 Connect Fx は、法医学、ヒト個人識別、父子鑑別における分子生物学的アプリケーション向けであり、疾病の診断、予防、治療を目的とはしていません。

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

Features

  • 約20分で最大24サンプルからDNAとRNAを精製(288サンプル/日)
  • 直感的タッチスクリーンインターフェースを使用して、専用のヒトIDおよび法医学プロトコールに簡単にアクセス可能
  • 搭載カメラによるサンプルトラッキングとサンプル回収機能により、最大限のプロセス安全性
  • すぐに使用できる充填済み法医学グレード(ISO 18385)カートリッジで再現性を実現
  • LIMSおよびQIAsphere接続を用いるサンプル遠隔モニタリングによるラボのスループットの向上

Product Details

EZ2 Connect Fxで、スループット、再現性、柔軟性を向上させる研究室の必要性を満たします。よく知っており、信頼を寄せているEZ1 Advanced XL磁性粒子精製技術を使用して、このベンチトップ機器は、およそ20分で一度に最大24個のサンプルのプロセッシングを自動化します。1つのボタンを押して、さまざまな専用ヒト個人識別プロトコールや法医学プロトコールに容易にアクセスし、タバコの吸い殻、唾液、血液、接触サンプル、骨および精液などの広範なサンプルの種類から、ダウンストリームの数多くのアプリケーション用に高品質のDNAを単離します。インプット溶解物最大2 mLおよび20 µL~200 µLの溶出量を可能にするプロトコールで、サンプルのインプットおよび溶出量におけるEZ2 Connect Fxの柔軟性の恩恵を受けます。さらに、その遠隔接続性の機能で、研究室の外でもランを監視し、機器を管理できます。

Performance

EZ2 Connect Fxは、法医学サンプルを処理する研究室が、広範な種類のサンプルからの核酸抽出を完全自動化することで、全く新しいレベルの柔軟性および利便性を獲得するのに貢献します。手動のピペッティングの段階を劇的に減らし、それらをEZ2 Connect Fxの充填済み試薬カートリッジシステムに置き換えることで、実験の速度と再現性を促進します。同時に最大24個のサンプルを処理することでスループットを向上させます。EZ2 Connect Fxは、LIMSおよびQIAsphereにも適合し、遠隔でランを監視し、機器を管理することができます。お気に入りのタブレットやスマートフォンにQIAsphereアプリをインストールするか、ノートパソコンやデスクトップのブラウザを通してQIAsphereウェブアプリにアクセスするだけです。EZ2 Connect Fxは、EZ1 Advanced XL上で入念に検査されたヒト個人識別専用のプロトコール、ならびに溶出量を減らし、作業量を増やした新しいプロトコールを提供します。同等性検査からの結果は、EZ2 Connect Fxが、EZ1 Advanced XLと同様に、広範なサンプルインプットの希釈全体にわたって優れたDNA収率をもたらすことを示しています(図  EZ1 Advanced XLと比較した場合の同じ優れたDNA収率を参照)。さらに、EZ2 Connect Fxは、20 µlまでを含めた広範な溶出量全体にわたって一貫した性能を示します(図  非常に少ない溶出量でも一貫した結果を参照)。

See figures

Principle

EZ2 Connect Fxは、充填済み試薬カートリッジを開くための貫通機構を使用します。それから、24-チャンネルのピペッターヘッドで、サンプルと試薬を吸引し、分配します。プロトコールで加熱が必要とされていた場合、オンボードの加熱システムが液体の温度を制御します。核酸結合、洗浄、溶出はすべて、チップ内磁性ビーズ技術を用いておよそ20分で自動的に実行されます。この原理は、EZ1 Advanced XLの実証済みの技術に基づいています(図  実証済みのEZ1技術から構築を参照)。

See figures

Procedure

機器の電源を入れ、ユーザー管理システムを使用してログインします。タッチスクリーン表示で指示に従い、実験機器およびサンプルをEZ2 Connect Fx作業台に装填し、インストール済みのプロトコールを選択して、ランを開始します。ランの最中、機器は核酸を結合、洗浄、溶出することによって溶解物を精製し、一方でユーザーは研究室を出て、他の作業に専念することができます。ランが終了するとすぐに、EZ2 Connect Fxと一体化したQIAsphere AppまたはLIMSがランの完了を通知するので、機器に戻って精製された核酸を採取できます(図  DNAおよびRNA単離のための3つの簡単なステップを参照)。

See figures

Applications

EZ2 Connect Fxと適切なQIAGENキットを使用して精製した核酸は、PCR、qPCR、次世代シークエンシング(Next-generation Sequencing、NGS)、デジタルPCR(dPCR)などのヒトIDおよび法医学ダウンストリーム分析に使用できます(図  1つの機器で多数のアプリケーションを参照)。

See figures

Supporting data and figures

Specifications

FeaturesSpecifications
Sample types法医学サンプル:微量サンプル、血液、精液、唾液、骨、毛髪
Protocols/main application on this instrument微量、Tip Dance、大量、大規模な骨、および正規化
Pipetting range20 µl~1000 µl
Featuresオンボードピペッティング、加熱機能、自動試薬カートリッジピアシング、UV-LED除染、リモート接続、タッチスクリーンディスプレイ、カメラ
Throughput1~24サンプル
Technology磁性粒子技術
Applications自動核酸精製
Instrument dimensions57.5 cm x 72 cm x 56 cm(H x W x D)

Service Plans

EZ2 Connect, Core Agreement

Cat. No. / ID:  9245569

EZ2 Connect機器出張修理サービス1回と定期点検サービス1回に対応します(1年間)。交通費、人件費、部品費が含まれています。受付から5営業日以内に対応します。主要契約期間中の追加の出張修理費については10%減額します。
Copy order details
EZ2 Connect, Full Agreement

Cat. No. / ID:  9245570

On-site EZ2 Connect instrument repair, including travel, labor and parts, for a period of one year. Response time of two business days. Includes one Preventive Maintenance or Inspection Service during the Full Agreement period.
Copy order details

Resources

パンフレット (3)
Our improved noninvasive paternity testing workflow delivers answers with greater confidence

Get the most out of every sample with ultra-efficient nucleic acid extraction on EZ2 Connect Fx


Solutions for missing persons and bone sample processing


Technical Information and Important Notes (2)

Instructions for cleaning and disinfection of EZ2 Instruments

オペレーティング・ソフトウェア (3)
This is the language package corresponding to the EZ2 Connect software. For more information on the installation process, please refer to Section 5.3.7. (Language Settings), of the EZ2 Connect MDx User Manual.
Version 8

For more information on the installation process, please refer to Section 5.3.6. (Installing New Protocols), of the EZ2 Connect and EZ2 Connect Fx User Manual.
EZ2 Connect Software
SOFTWARE (123MB)
Version 1.1.2

This is the language package corresponding to the EZ2 Connect software. For more information on the installation process, please refer to Section 5.3.7 (Language Settings) of the EZ2 Connect and EZ2 Connect Fx User Manual.


機器ユーザーマニュアル (3)
Application Notes (2)

Performance of the EZ2 Connect Fx compared with performance of an instrument regularly encountered in forensic laboratories

Performance of the EZ2 Connect Fx compared with performance of an instrument regularly encountered in forensic laboratories

Safety Data Sheets (1)
Certificates of Analysis (1)
Brochures & Guides (3)

Get the most out of every sample with ultra-efficient nucleic acid extraction on EZ2 Connect Fx


Solutions for missing persons and bone sample processing


Our improved noninvasive paternity testing workflow delivers answers with greater confidence
Operating Software (3)
Version 8

For more information on the installation process, please refer to Section 5.3.6. (Installing New Protocols), of the EZ2 Connect and EZ2 Connect Fx User Manual.
This is the language package corresponding to the EZ2 Connect software. For more information on the installation process, please refer to Section 5.3.7. (Language Settings), of the EZ2 Connect MDx User Manual.
EZ2 Connect Software
SOFTWARE (123MB)
Version 1.1.2

This is the language package corresponding to the EZ2 Connect software. For more information on the installation process, please refer to Section 5.3.7 (Language Settings) of the EZ2 Connect and EZ2 Connect Fx User Manual.