HotStarTaq Plus Master Mix Kit

すべてのアプリケーションで迅速かつ特異的な増幅

S_1084_5_GEN_disclaimer
This product will be discontinued by November 30, 2023.
Switch now to the successor AllTaq PCR kits. Learn more about the transition and see detailed FAQs.
HotStarTaq Plus Master Mix Kit (1000)

Cat. No. / ID:  203645

For 1000 x 20 μl reactions: 12 x 0.85 ml HotStarTaq Plus Master Mix (contains 1000 units of HotStarTaq Plus DNA Polymerase, PCR Buffer with 3 mM MgCl2, and 400 μM of each dNTP), 4 x 0.55 ml CoralLoad Concentrate, 8 x 1.9 ml RNase-Free Water
Copy order details
$963.00
Log in To see your account pricing.
Preparations
1000
250
HotStarTaq Plus Master Mix Kitは分子生物学的アプリケーション用であり、疾病の診断、予防、あるいは治療に使用することはできません。
This product will be discontinued by November 30, 2023.
Switch now to the successor AllTaq PCR kits. Learn more about the transition and see detailed FAQs.

Features

  • わずか5分で迅速に酵素活性化
  • より少ないピペッティング操作でコンタミのリスクを軽減
  • 至適化なしに高いPCR特異性を実現
  • 直接ゲルにロード可能なオプションのバッファーで簡単な操作

Product Details

HotStarTaq Plus Master Mix Kit には、HotStarTaq Plus DNA Polymerase、至適化が最小限で済む画期的なQIAGEN PCR Buffer およびdNTPs が含まれています。HotStarTaq Plus Master Mix KitはHotStarTaq Master Mix Kit 同様に優れた特異性と感度の高いPCR を実現し、酵素活性時間はわずか5 分です。さらに、2種類のマーカー色素を含むCoralLoad Concentrate が同梱されているので、ピペッティングの目視化が改良され、またPCR 産物を即座にゲルにアプライできます。

Performance

HotStarTaq Plus DNA Polymeraseは全てのロットで、低コピー数のターゲットを増幅する実験によりPCR特異性の厳密さや再現性をチェックするなど、広範囲の品質管理テストを受けています。HotStarTaq Plus Master Mix Kitは他社のキットに比べて高性能で、特異性と感度の高いホットスタートPCRを実現します (図“ 高い特異性”、“ 異なるプライマー/テンプレートシステムにおける高特異性”、および表)。キットに付属の画期的なPCRバッファーは、様々なPCR条件において特異性を実現し、至適化を最小限に抑えます。本キットには、また、CoralLoad Concentrate が付属で入っています。 これによりピペッティングを目視でき、PCR産物をゲルに直接ロードすることが可能なので、簡便性が増加します。CoralLoad ConcentrateをPCRに添加しても、増幅感度や特異性に影響しません。CoralLoad Concentrateの存在下で増幅したPCRフラグメントは精製が不要で、クローニングや制限酵素反応でよい結果が得られます。

高い特異性と簡便な操作を実現するHotStarTaq Plus Master Mix Kitは、複雑なゲノムテンプレートあるいはcDNAテンプレート(図“ RT-PCR性能へのホットスタートの影響”)、複数のプライマーペア(図“ マルチプレックスPCRでの特異的な増幅”)、増幅困難なサンプルあるいは低コピーのターゲット(図“ 高感度のシングルセルPCR”)などとの使用に適しています。HotStarTaq Plus Master Mix Kitはまた、遺伝子スクリーニングのような多数サンプルを増幅するプロジェクトに最適です。

ホットスタート法の比較 
HotStarTaq Plus DNA Polymerase HotStarTaq DNA Polymerase ホットスタート酵素AII R社 I社(抗体利用) マニュアル ワックスバリア
特異的な増幅 ++ ++ + ++ + +/– +/–
最小限のPCR至適化 ++ ++ +/– +/– +/–
取り扱いの簡便さ ++ ++ ++ + +
活性化のスピード ++ + ++ ++ ++
HotStarTaq Plus DNA Polymerases詳細データ

濃度:5 units/µl
組み換え酵素:Yes
基質アナログ:dNTP、ddNTP、dUTP、biotin-11-dUTP、DIG-11-dUTP、 fluorescent-dNTP/ddNTP
エクステンション速度:72℃ で2~4 kb/min 
半減期:97℃で10分、94℃で60分 
増幅効率:≥105
5'–>3' エキソヌクレアーゼ活性:Yes
余分なA付加:Yes
3'–>5' エキソヌクレアーゼ活性:No
ヌクレアーゼの混入:No
RNasesの混入:No
プロテアーゼの混入:No
自己プライマー活性:No 

See figures

Principle

HotStarTaq Plus Master Mixは HotStarTaq Plus DNA Polymerase、QIAGEN PCR Buffer、MgCl2、dNTPs がすでにミックスされ即使用可能です。HotStarTaq Plus DNA Polymerase は、わずか5分間の迅速な活性化時間で、従来のHotStarTaq DNA Polymeraseの優れた性能を保持しています。

QIAGEN Taq DNA Polymerase を改良したHotStarTaq Plus Plus Polymerase は、常温では不活性状態でポリメラーゼ活性はありません。これによりPCRセットアップ中や最初のサイクル中に低温で形成されるプライマーダイマー、および非特異的にアニーリングしたプライマーのエクステンションを防ぎます(図“ 最高の特異性” および " 異なるプライマー/テンプレートシステムにおける高特異性”)。HotStarTaq Plus DNA Polymeraseは、95℃、5 分間のインキュベーションステップで活性化され、このステップは既存のサーマルサイクリングのプログラムに容易に導入できます。

QIAGEN PCR Buffer

QIAGEN PCR Buffer は、各PCRサイクルでアニーリングステップ中にプライマー特異的な結合の割合を非特異的な結合に対して高めることにより、各PCRサイクルの特異的な増幅を維持します(図“ プライマーアニーリングの特異性が増大”)。このバッファーはユニークな配合比のKClと (NH4)2SO4を含み、従来のPCRバッファーに比べ、幅広いアニーリング温度やMg2+濃度の範囲で厳密で特異的なプライマーアニーリングを実現します。従って、異なるアニーリング温度あるいはMg2+ 濃度を用いて行なうPCRの至適化は最小限ですみ、または不要なこともあります。 

CoralLoad Concentrate

HotStarTaq Plus Master Mix Kitには、ゲルローディング試薬と2種類のマーカー色素が入ったCoralLoad Concentrate (図“ CoralLoad Concentrate”)が入っています。CoralLoad Concentrateはピペッティングの目視化を改良し、DNAの移動距離の予測およびアガロースゲルの泳動時間の至適化が容易に行なえます。CoralLoad Concentrateを用いた際は、PCR反応液を直接アガロースゲルにロードできます。 ローディングバッファーの添加の必要がありません。

See figures

Procedure

HotStarTaq Plus Master Mix Kitは簡便なマスターミックスフォーマットですので、操作は容易です。HotStarTaq Plus DNA Polymerase は、95℃、5分間のインキュベーションステップで活性化され、このステップは既存のサーマルサイクリングのプログラムに容易に導入できます。マスターミックスを用いて、反応セットアップを室温で迅速かつ容易に行なえます。 10 µlのHotStarTaq Plus Master Mix を各PCRチューブにピペットでいれ、RNaseフリー水(キットに付属)で希釈したプライマートテンプレートDNAを10 µl添加します(図“ HotStarTaq Plus 操作手順”)。ピペッティング・ステップは最小限に抑えられ、エラーとコンタミのリスクが減少し、スループット数と再現性が増加します。キットに付属の至適化済みのプロトコールにより、PCRセットアップを迅速かつ容易に行なえます。本キットには、また、CoralLoad Concentrate が付属で入っています。 これによりピペッティングを目視でき、PCR産物をゲルに直接ロードすることが可能なので、簡便性が増加します。
See figures

Applications

HotStarTaq Plus Master Mix Kitは、以下の増幅などの高度なアプリケーションを含む様々なアプリケーションに最適です。 

  • 複雑なゲノムテンプレート
  • 複雑なcDNAテンプレート(例;RT-PCR)
  • 低コピーのターゲット(例;シングルセルPCR)
  • マルチプレックスPCR

Supporting data and figures

Specifications

FeaturesSpecifications
ApplicationsPCR, RT-PCR, Complex genomic templates, very low-copy targets
Enzyme activity5' -> 3' exonuclease activity
Sample/target typeGenomic DNA and cDNA
Single or multiplexSingle
Real-time or endpointEndpoint
MastermixYes
With/without hotstartWith hotstart
Reaction typePCR amplification

Resources

パンフレット (2)
Second edition — innovative tools
Addressing critical factors and new solutions
クイックスタートプロトコール (1)
キットハンドブック (1)
For highly specific hot-start PCR without optimization  
MSDS (1)
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
テクニカルインフォメーション (1)
Certificates of Analysis (1)
Brochures & Guides (2)
Second edition — innovative tools
Addressing critical factors and new solutions
Kit Handbooks (1)
For highly specific hot-start PCR without optimization  
Quick-Start Protocols (1)

FAQ

How does HotStart PCR help minimize nonspecific amplification events?
HotStart PCR is a technique commonly used to improve the sensitivity and specificity of PCR amplifications. Lack of sensitivity or specificity is most often caused by the amplification of nonspecific priming events, such as primer dimers, that usually occur at the lower temperatures when reactions are set up. Although thermostable DNA-dependent DNA polymerases have optimal activity at higher temperatures, they do also have some activity at lower temperatures when they may amplify these nonspecific priming events. HotStart enzymes are inactive at room temperature, and require heating at nucleic acid melting temperatures in order to be activated. In this way, nonspecific priming events are melted before the enzyme can amplify them. During PCR cycles, the temperature never drops low enough during annealing of gene-specific primers for nonspecific priming events to occur, resulting in amplification exclusively of the target of interest. When using a HotStart DNA polymerase, it is critical that the initial denaturation step in the experiment be of sufficient duration to fully activate the enzyme.
FAQ ID -2676
Do you have a protocol for polyacrylamide gel analysis of oligonucleotides?
Yes, please follow the Supplementary Protocol 'Polyacrylamide_gel_analysis_of_oligonucleotides' (PCR03).
FAQ ID -961
Is Q-Solution required for PCR with QIAGEN's PCR kits?

Not necessarily. In a lot of cases, the uniquely formulated PCR Buffer provided in the HotStarTag Plus DNA Polymerase, HotStar HiFidelity Polymerase,  Taq DNA Polymerase, HotStarTaq DNA Polymerase, and QIAGEN Multiplex PCR Kits provides optimal amplification of specific PCR products. The usefulness of Q-Solution needs to be determined empirically for each primer/template setup, by running parallel PCR reactions with and without Q-Solution under the same cycling conditions.

Q-Solution changes the melting behavior of DNA and will often improve a suboptimal PCR caused by templates that have a high degree of secondary structure or high GC-contents.  For more details on the effects of Q-Solution on PCR amplification, please see the Q-Solution sections of the HotStarTaq Plus DNA Polymerase, HotStar HiFidelity Polymerase, Taq DNA Polymerase, HotStarTaq DNA Polymerase,  and the QIAGEN Multiplex PCR Handbooks.

FAQ ID -380
How comparable is CoralLoad gel loading dye contained in various QIAGEN PCR Kits to Sigma Red?

CoralLoad gel tracking dye contained in Taq, HotStarTaq, TopTaq DNA Polymerase and TopTaq Master Mix Kits separates into 2 fragment-size dependent colors (orange and red) when loaded onto an agarose gel. Sigma Red buffer only has one color which is harder to visualize.

 

 

FAQ ID -1644