His-Strep pQE-TriSystem Vector Set

E. coli、昆虫、哺乳類細胞内でのHis-Strepタグタンパク質の並行発現のために

S_1152_1_His_Strep_pQE_TriSystem_Vector_Set

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

His-Strep pQE-TriSystem Vector Set

Cat. No. / ID:  32942

pQE-TriSystem His-Strep 1およびpQE-TriSystem His-Strep 2ベクター、各25 µg
Copy order details
$858.00
Log in To see your account pricing.
His-Strep pQE-TriSystem Vector Setは分子生物学的アプリケーション用であり、疾病の診断、予防、あるいは治療に使用することはできません。

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

Features

  • 単一のコンストラクトを使用して3つのシステムでの並行発現
  • 時間のかかるサブクローニングの必要を避けます
  • 高レベルの発現
  • 厳しく制御された発現
  • 細胞毒性のあるコンストラクトの安定性を向上

Product Details

His-Strep pQE-TriSystem Vector Setのベクターは、E. coli、昆虫、および哺乳類細胞の発現系のためのプロモーターを含みます。His-Strep pQE-TriSystemベクターから発現したタンパク質は、6xHisタグとStrepタグを含むため、Ni-NTAおよびStrep-Tactinマトリックス上での連続精製を可能にし、超高純度(純度>98%)のタンパク質が得られます。いずれのベクターも、C末端タグをコードするため、全長のタンパク質だけが精製されることを保証します。

Performance

His-Strep pQE-TriSystem Vector Setを使用して発現する二重のタグを付けたタンパク質は、2段階のアフィニティー精製によって単離して、超高純度(純度>98%)のタンパク質を得ることができます(図 「 2段階で超高純度のタンパク質」を参照)。
See figures

Principle

His-Strep pQE-TriSystem Vector Setにより、 6xHisタグと StrepタグIIの両方を持つタンパク質の発現が可能です。二重のタグ により、 2段階のアフィニティー精製システムによる精製が可能となり、標準化された手順で超高純度のタンパク質を簡単にかつ高効率で精製することができます。さらに、 このシステムは 、タンパク質特異的なプロトコールの 開発や最適化 の必要を取り除くことによってスループットを向上させます。両方のタグを持つ遺伝子組み換えタンパク質は、Ni-NTAおよびStrep-Tactinマトリックスで連続的に精製されます(図 「 2段階アフィニティーの手順」を参照)。2つの簡単なアフィニティー精製によって、 ダウンストリームでのあらゆるアプリケーションに適した完全に活性のある、完全な長さの 超高純度なタンパク質が得られます。

See figures

Procedure

2つの小さなアフィニティータグ(6xHisタグとStrepタグII)を持つ遺伝子組み換えタンパク質は、pQE-TriSystem His-Strepベクターを使用して、E. coli、昆虫、または哺乳類細胞内で効率的に発現します。細胞溶解および溶解物の浄化の後、タンパク質はまず、証明済みの6xHisタグ-Ni-NTA相互作用に基づいている固定化金属アフィニティークロマトグラフィー(IMAC)の手順を使用して精製されます。イミダゾールを使用してNi-NTAマトリックスから溶出した後、遺伝子組み換えタンパク質(StrepタグIIエピトープも持つ)は、Strep-Tactinマトリックス上に直接充填します(図 「2段階アフィニティー精製手順」を参照)。バッファーの交換は必要ありません。タンパク質は、ビオチンかデスチオビオチンのいずれかを使用してStrep-Tactinマトリックスから溶出します。タンパク質は、マウスモノクローナルStrepタグ抗体または抗His抗体を使用して高い特異性と感度で検出できます(図 「 Strepタグを持つタンパク質の高感度検出」を参照)。

See figures

Applications

2段階アフィニティー精製システムは、高純度が必須であり、Hisタグだけでは達成が難しい場合のアプリケーション、たとえば真核細胞内で発現するタンパク質向けに最適です。2段階アフィニティー精製システムは、その超高純度と利便性により、以下に最適です。

  • 高純度のタンパク質精製
  • 構造的および機能的分析
  • 真核系での発現

Supporting data and figures

Specifications

FeaturesSpecifications
Expression species大腸菌、哺乳類、細胞、昆虫細胞
Tag removal sequenceいいえ
N- or C-terminal tagN末端タグおよびC末端タグ
In-frame cloning necessaryはい
Tag6xHisタグ
ExpressionIn vivo
All three reading frames providedいいえ

Resources

セレクションガイド (1)
Vector Sequences & Maps (2)
For the pQE-TriSystem His-Strep 1 vector
For the pQE-TriSystem His-Strep 2 vector
MSDS (1)
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
Safety Data Sheets (1)
Certificates of Analysis (1)
Selection Guides (1)

FAQ

What is the basic technology behind the Strep-tag Protein Purification System?

The basic technology behind the Strep-tag System is a Two-Step Affinity Protein Purification using sequential purification of recombinant proteins carrying two affinity tags. Proteins that carry these two small tags (the 6xHis tag and the 8 amino acid containing Strep-tag) are efficiently expressed in E. coli, insect, or mammalian cells using pQE-TriSystem His·Strep vectors. After cell lysis and clearing of the lysate, proteins are initially purified by a procedure based on the proven 6xHis-tag-Ni-NTA interaction. After elution from the Ni-NTA matrix using imidazole, recombinant proteins (which also carry the Strep-tag epitope) are loaded directly onto a Strep-Tactin matrix (Strep-Tactin SuperFlow or Strep-Tactin Magnetic Beads). Protein is eluted from the Strep-Tactin matrix using either biotin or desthiobiotin. This two-step affinity purification delivers ultrapure (>98% pure) protein. The order of purifications can also be reversed (i.e., Strep-Tactin followed by Ni-NTA purification). Since purification is done under native conditions, the Two-Step Affinity Purification System can be beneficial for highly demanding applications (i.e., crystallization studies).

 

FAQ ID -740