Cignal Reporter Assay Kits

シグナル伝達パスウェイ活性を迅速かつ高感度で定量的に測定

S_2797_ADNA_CignalReporter_s
Configure at GeneGlobe
Find or custom design the right target-specific assays and panels to research your biological targets of interest.
Cignal Reporter Assay Kit

Cat. No. / ID:  336841

For 500 reporter assays, 500 negative control assays, and 250 positive control assays; 500 µl (100 ng/µl) Reporter (inducible transcription-factor-responsive GFP reporter); 500 µl (100 ng/µl) Negative control (GFP reporter construct with GFP expression controlled by a minimal promoter); 250 µl (100 ng/µl) Positive control (constitutively expressing GFP construct)
Copy order details
$995.00
Log in To see your account pricing.
Cignal Reporter Assay Kitsは分子生物学的アプリケーション用であり、疾病の診断、予防、あるいは治療に使用することはできません。
Configure at GeneGlobe
Find or custom design the right target-specific assays and panels to research your biological targets of interest.

Features

  • シグナル伝達パスウェイの制御を迅速に解析
  • 卓越した感度と特異性
  • 即トランスフェクション可能
  • ポジティブおよびネガティブ・コントロール
  • 生細胞のリアルタイム定量(GFPフォーマット)

Product Details

Cignal Reporter Assay Kitに入っているCignal Reporter Assayは、 ダウンストリームの転写因子活性を測定することにより、シグナル伝達パスウェイの活性を迅速かつ高感度で定量的に測定します。デュアルルシフェラーゼフォーマットとGFPフォーマットの2種類のレポーターシステムが入手可能です。

Performance

Cignal Reporter Assaysは、機能ゲノミクス(図" RNA干渉表現型評価”および“ 過剰発現の表現型評価”)、機能的プロテオミクス(図“ 用量依存的にTNFα が NFkB のシグナル伝達活性を賦活化”)、創薬(“ 低分子候補薬剤の検証”)、蛍光定量(“ hTNFαのNFkBシグナル伝達活性化を示すCignal Reporter Assay”および“ Cignal Reporter Assayによる血清応答因子(SRF)の転写活性測定”)などの多くのアプリケーションで使用されます。
See figures

Principle

Cignal Reporter Assayは、レポーター遺伝子(ホタル・ルシフェラーゼまたはGFP)を発現させるために、特定の転写因子の結合部位と基本的なプロモーターエレメントが複数回繰り返されています。これらのレポーターは、パスウェイ活性を評価する機能ゲノミクスや創薬研究において、非常に強力なツールです。候補薬剤、遺伝子ノックダウン、過剰発現、ペプチドによりパスウェイが活性化あるいは阻害される場合は、ルシフェラーゼまたはGFPレポーター活性が変化し、定量的かつ迅速に測定することができます(図“ Cignal Reporter Assay原理”)。Cignal Reporter Assayは、デュアル・ルシフェラーゼレポーターまたはGFPレポーターの2種類のレポーターシステムを利用した即トランスフェクション可能なコンストラクトとして入手可能です(フローチャート" Cignal Reporter Assay操作手順”)。

デュアルルシフェラーゼフォーマットは、卓越した感度、特異性、S/N比を実現するエンドポイントアッセイです。このフォーマットは全Cignal Reporter Assayで入手可能です。各アッセイには、パスウェイに特化した転写因子のレポーター、非誘導性ネガティブコントロール、ルシフェラーゼおよびGFPポジティブコントロールが入っています。

GFPフォーマット は、個々の細胞レベルで生細胞パスウェイの調節をモニタリングする優れた方法です。これには、パスウェイに特化した転写因子レポーターとポジティブおよびネガティブコントロールが入っています。

See figures

Procedure

Cignal Reporter Assayには、即トランスフェクション可能なパスウェイレポーター(デュアル・ルシフェラーゼあるいはGFP)とポジティブおよびネガティブコントロールが入っています。誘導性パスウェイレポーターおよび非誘導性ネガティブコントロールをトランスフェクトし、実験処理を並行して行ないます。

デュアル・ルシフェラーゼ

デュアル・ルシフェラーゼ結果は、各トランスフェクタントで計算されます。各シグナルパスウェイの活性変化は、未処理のトランスフェクタントに対して、処理したトランスフェクタントのレポーターの正規化されたルシフェラーゼ活性を比較することによって決定されます。同じように処理したネガティブコントロールのトランスフェクタントは、特異性のコントロールとして機能します。ポジティブコントロールは、ホタルルシフェラーゼとウミシイタケ・ルシフェラーゼの発現をモニタリングすることにより、トランスフェクション効率のコントロールとして機能します。

GFP

GFP発現はフローサイトメーター、蛍光顕微鏡、蛍光光度計を用いて定量します。各シグナルパスウェイの活性変化は、未処理のトランスフェクタントに対する処理トランスフェクタントのGFP活性を比較することによって決定されます。同じように処理したネガティブコントロールのトランスフェクタントは、特異性のコントロールとして機能します。ポジティブコントロールは、恒常的に発現しているCMV-GFPレポーターからのGFP発現をモニタリングすることにより、トランスフェクション効率のコントロールとして機能します。

Applications

siRNA、タンパク質、低分子化合物によるパスウェイの阻害や活性の生物学的影響を評価するにあたって、Cignal Reporter Assayはゲノム機能、プロテオミクス、創薬において、強力なツールです。

Supporting data and figures

Resources

Transfection Protocols (2)
Search for transfection data by nucleic acid, cell line, and transfection reagent. Our database contains data from researchers like yourself who have shared their experimental results with us.
Transfection protocols for specific cell types and plate formats that save you the time and effort of adapting existing protocols to fit your requirements. Simply select the cell type, nucleic acid, and culture format to receive a QIAGEN transfection protocol to print out or download in convenient PDF format.
MSDS (1)
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
キットハンドブック (1)
For cell-based pathway activity assays
パンフレット (1)
For cell-based analysis of pathway signaling activity
Safety Data Sheets (1)
Certificates of Analysis (1)
Brochures & Guides (1)
For cell-based analysis of pathway signaling activity
Kit Handbooks (1)
For cell-based pathway activity assays

FAQ

What is the concentration of SureENTRY Transduction Reagent?
The concentration of SureENTRY Transduction Reagent is 10 mg/ml.
FAQ ID - 3708