EZ1 DNA Investigator Kit

法医学および個人識別鑑定サンプルからDNA の自動化精製

S_1084_5_GEN_V2

✓ オンライン注文による24時間年中無休の自動処理システム

✓ 知識豊富で専門的な製品&テクニカルサポート

✓ 迅速で信頼性の高い(再)注文

EZ1&2 DNA Investigator Kit (48)

Cat. No. / ID:  952034

For 48 preps: Reagent Cartridges (DNA Investigator), Disposable Filter-Tips, Disposa-ble Tip-Holders, Sample Tubes (2 ml), Elution Tubes (1.5 ml), Buffer G2, Proteinase K, Carrier RNA
MX$11,926.00
ログイン アカウントの価格を確認するには
KitProduct
EZ1&2 DNA Investigator Kit
7 mL Large-Volume Tubes (48)
The EZ1&2 DNA Investigator Kit is intended for molecular biology applications in forensic, human identity, and paternity testing. This product is not intended for diagnosis, prevention, or treatment of a disease.

✓ オンライン注文による24時間年中無休の自動処理システム

✓ 知識豊富で専門的な製品&テクニカルサポート

✓ 迅速で信頼性の高い(再)注文

特徴

  • 微量の法医学的ケースワークサンプルから効率的な収量
  • より高いシグナル/ノイズ(S/N)比率
  • “Tip Dance” プロトコールにより固体サンプルを処理
  • オプションでTEバッファーによる溶出、キャリアRNAの使用も可能

製品詳細

EZ1 DNA Investigator Kit は、スワブ、フィルター、法医学的ケースワークや犯罪現場の証拠品、血液等、1 ~ 14 サンプルからゲノムDNA 精製を高い再現性で自動化します。本キットはEZ1 Advanced XL(1~14サンプル/ラン)、 EZ1 Advanced(1~6 サンプル/ラン)、およびBioRobot EZ1ワークステーション(1~6 サンプル/ラン)で使用可能です。精製は迅速かつ効率的であり、精製されたDNA は、定量PCR やSTR解析のようなダウンストリーム分析において、高いS/N比で良好な結果を実現します。

パフォーマンス

高感度なダウンストリーム解析用により効率的な収量

EZ1 DNA Investigator Kit は、DNA自動化精製用に至適化された試薬を使用し、より効率的なDNA収量を実現します。 STR解析は、より高いピークを示し、高感度な検出ができます(図 " STR解析における改善された解析結果"、 表 “異なるプロトコールでの相対的なSTRピークの高さ”参照)。より高いピークは、シグナル/ノイズ比がより良くなったことを実証し、ダウンストリームアプリケーションにおける高感度検出およびハイパフォーマンスを実現します。 STR解析におけるピークの高さを比較することにより、DNA収量の理論値の79%まで回収されたことが示唆されました(データ未提示)。オプションのTEバッファー溶出では、同等のパフォーマンス(表 “異なるプロトコールでの相対的なSTRピークの高さ”)とともに、精製された少量のDNAの長期保存において、強化された安定性を提供します。 処理されたサンプル中(調査された8対立遺伝子の<50 以下の相対蛍光ユニット)に脱落したものはありませんでした(表 “異なるプロトコールでの相対的なSTRピークの高さ”)。

異なるプロトコールでの相対的なSTRピークの高さ
Experiment Kit and card Protocol Elution Relative peak height Number of dropouts
1 EZ1 DNA Tissue Kit and EZ1 DNA Forensic Card Trace Water 100% 0/8
1 EZ1 DNA Investigator Kit and Card Trace Water 176% 0/8
2 EZ1 DNA Investigator Kit and Card Trace Water 100% 0/8
2 EZ1 DNA Investigator Kit and Card Trace TE 116% 0/8
3 EZ1 DNA Investigator Kit and Card (200 µl) Trace Water 100% 0/8
3 EZ1 DNA Investigator Kit and Card (500 µl) Large-volume Water 203% (81% normalized to starting volume) 0/8
AmpFlSTR コントロールDNAは、Buffer G2によって最終濃度5 pg/μlまで希釈し、200 μl(大量のプロトコールの場合は500 μl)を表記したキットとプロトコールを用いて調製した (溶出量50 μl)。 8個のピークでのピークの高さはそれぞれの実験で標準化した(データ提供: B. Bayer and K. Anslinger, Institute of Legal Medicine, Ludwig Maximilian University, Munich, Germany)。
“tip dance” protocolを用いて固体サンプルをより簡単に処理

標準的なtrace プロトコールに加え、ピペッティング中にワークテーブルに対してフィルターチップが前後運動する全自動の“tip dance” プロトコールがオプションとして使用できます。このプロトコールにより、スワブ、繊維、血液ディスク、タバコの吸殻のような固体サンプルをサンプルチューブ内で直接処理することが可能です。チップを詰まらせる可能性のある固体サンプルを除去するために事前に遠心操作を行なう必要はありません(フローチャート " EZ1 DNA tissue trace and “tip dance” protocols")。“tip dance” プロトコールにより作業は簡便化され、いくつかのケースではサンプルからのより効率的な抽出でDNA収量が増大する場合もあります(図 " tip dance" protocolを用いて簡単で効率的な固体サンプル処理")。

多量サンプル用に最適化されたプロトコール

Large-volume protocol は、最高500 μl までのスタートサンプルを完全自動で調製できます。この方法により、拡散したシミのような低濃度DNAを有するサンプルから効率的にDNAが精製できるだけではなく、完全な溶解のために容量が増加したサンプルからのDNA精製も可能です。スタンダードなTraceプロトコールと同じ溶出量でより多量のサンプルを調製できるため、高感度なダウンストリームアプリケーションで使用可能な高濃度のDNAを高収量で得ることが可能です(see figure " Large-Volume Protocol を用いて濃縮されたDNAを高収量で精製、"表 “異なるプロトコールでの相対的なSTRピークの高さ”)。

少量DNAの効率的な精製

微量DNAをより効率的に精製するため、EZ1 DNA Investigator Kit にキャリアRNAが添付されています。キャリアRNAが磁性粒子のシリカ表面へのDNA結合を増大し、特にサンプルが微量のDNAしか含んでいない場合 (100 ng未満)には大きな効果が得られます。最近発表されたデータは、キャリアRNAの添加により法医学サンプルからの微量DNAの分離がより効率的で、かついくつかのサンプルタイプではDNA収量が増加したことを示唆しています。サンプルライセートへのキャリアRNAの添加は、続いて行うSTR解析に影響を及ぼしません。

簡単なプロトコールのセットアップと操作

プログラム済みの EZ1 Advanced XL DNA Investigator Card(EZ1 Advanced XL用)、EZ1 Advanced DNA Investigator Card(EZ1 Advanced用)、あるいは EZ1 DNA Investigator Card(BioRobot EZ1用)は、カードを挿入するだけの簡単な操作で精製プロトコールをセットアップできます。EZ1 DNA Investigator Kit に入っている充填済み試薬カートリッジにより、ワークステーションのセットアップの際の人為的なミスおよびバッファーのコンタミを防げます。試薬調製やワークステーションのセットアップにおける間違いを回避し、クロスコンタミのない液体分注を実現することにより、EZ1 Advanced XL 、EZ1 Advanced およびBioRobot EZ1 は高い信頼性および標準化をお届けします。

保証された品質

QIAGEN のISO 認可品質管理システムに従ってEZ1 DNA Investigator Kitの各ロットは、規定された仕様に対してテストされているため、一定した品質が保証されています。

図参照

原理

EZ1 Advanced XL、 EZ1 Advanced、およびBioRobot EZ1ワークステーションは、シリカゲルでコーティングされた磁性粒子を用いたゲノムDNAの完全自動化精製を実現します。 磁性粒子テクノロジーは時間のかかる遠心操作ステップを排除し、使いやすいワークステーションを用いて一回のランでEZ1 Advanced XL で1~14サンプル、EZ1 Advancedおよび BioRobot EZ1で1~6サンプルを精製します。 充填済みの試薬カートリッジとセンサーによるワークステーションドアの自動ロックにより、実験環境からのコンタミのリスクを抑えることができます。

操作手順

前処理したサンプルを機器に載せるだけでEZ1 DNA操作手順に従ってワンステップでゲノムDNAは精製されます。精製した核酸は、ダウンストリーム・アプリケーションに即座に使用できます。

アプリケーション

EZ1 DNA Investigator Kit を用いて精製した高品質DNA は法医学、環境、バイオディフェンス、バイオセキュリティー、および以下のようなその他の応用アプリケーションに最適です。

  • STRおよびSNPジェノタイピング
  • DNA定量
  • ミトコンドリアまたは染色体のDNAシークエンス

裏付けデータと数値

Specifications

FeaturesSpecifications
ApplicationsPCR, real-time RT-PCR, genotyping
Main sample typeForensic samples
For automated processingEZ2 Connect Fx, EZ1 Instrument series
Sample amount<500 µl
TechnologyMagnetic particles
FormatSample tube
ProcessingAutomated
Purification of total RNA, miRNA, poly A+ mRNA, DNA or proteinDNA
Yield150–250 ng
Elution volume50–200 µl; EZ2 offers optional reduced elution volumes of 20–30 µl

リソース

Supplementary Protocols (4)
Supplementary protocol using the EZ1 Advanced DNA Investigator Large-Scale Bone Card or the EZ1 Advanced XL DNA Investigator Large-Scale Bone Card
Supplementary protocol using the EZ1 Advanced or EZ1 Advanced XL with the EZ1 DNA Investigator Kit
Supplementary protocol using the Investigator Lyse&Spin Basket Kit and EZ1 Advanced XL
Supplementary protocol using the Flip Cap Rack and the EZ1 Advanced XL Flip Cap Card.
User-Developed Protocols (6)
This protocol has been adapted to allow the user to replace the epithelial transfer and sperm pellet wash steps with an automated protocol using the QIAcube Connect.
This protocol is adapted from the QIAGEN RNeasy MinElute Cleanup protocol and is intended for use as a guideline for the purification of total RNA from waste fractions obtained from a sample first purified using the EZ1 DNA Investigator protocol.

This protocol has been adapted by the North Louisiana Criminalistics Laboratory from the pretreatment for epithelial cells mixed with sperm cells and is for the lysis and extraction of DNA from a sperm pellet after differential separation.

This protocol has been adapted by the North Louisiana Criminalistics Laboratory from the pretreatment for hair and is for the lysis and extraction of DNA from forensic samples of hair in less time than the standard EZ1 DNA Investigator protocol pretreatment.
クイックスタートプロトコール (2)
For use with the EZ1 instruments
For use with the EZ2 Connect Fx instrument
Validation Reports (3)
For the EZ1 DNA Investigator Kit
  • BioRobot EZ1
  • EZ1 Advanced
  • EZ1 Advanced XL
パンフレット (4)
Fully automated low- to medium-throughput purification of nucleic acids

Solutions for missing persons and bone sample processing


New name for EZ1 DNA Investigator Kit: now EZ1&2 DNA Investigator Kit

キットハンドブック (2)
For automated purification of DNA from forensic and human ID samples using EZ1 instruments
For automated purification of DNA from forensic and human ID samples using the EZ2 Connect Fx instrument
MSDS (1)
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
テクニカルインフォメーション (1)
Quality initiatives for human identity testing and forensics 
Safety Data Sheets (1)
Certificates of Analysis (1)

FAQ

Is training of lab personnel included with the purchase of a BioRobot EZ1?

Operation of the BioRobot EZ1 is so easy that no additional training other than the initial demo is needed. Operating the instrument requires only three major steps:

  • Insert the appropriate EZ1 Protocol Card, switch on the workstation, and, if necessary, select the appropriate protocol
  • Follow the instructions on the liquid-crystal display (LCD), which describes where the sample tubes, elution tubes, filter tips, and EZ1 Reagent Cartridges must be loaded and which indicates when to start the protocol run
  • Collect purified nucleic acids when the protocol run ends

 

FAQ ID -1239
When should the Normalization protocol be used?

The Normalization protocol is useful for routine, standardized analyses of reference samples, such as blood or buccal swabs, where sample-to-sample variability can result in widely varying DNA yields. The normalization protocol eliminates the need for yield quantification prior to analysis. It limits DNA yields uniformly to 150-250 ng.

However, please note that the Normalization protocol should not be used if the DNA amount in the sample is very limited. In this case, the Trace protocol on the EZ1 DNA Investigator Card should be used instead.

FAQ ID -1155
How can we get our BioRobot EZ1 upgraded when new protocols are launched?

Protocols for nucleic acid purification are supplied on pre-programmed EZ1 Protocol Cards. These protocols provide both on-screen instructions for the operator and operating commands for the workstation. The range of kits and protocols for the EZ1 is continuously expanding to allow nucleic acid purification from a wide range of sample types. Please browse our Supplementary Protocol Section to find specialized EZ1 protocols for a large variety of clinical sample types, in addition to the standard sample types covered in our EZ1 handbooks.

 

FAQ ID -1241
Where can I find information about the worktable setup on the BioRobot EZ1?

Loading of sample tubes, elution tubes, filter-tips, and Reagent Cartridges onto the worktable of the BioRobot EZ1 is intuitive, easy and quick. Details about worktable setup are provided with each new protocol, and are also displayed in the liquid-crystal display (LCD) of the control panel when you start setup of the worktable.

 

FAQ ID -1243
Can the EZ1 DNA Investigator Tip Dance protocol cope with any solid matrix remaining in the sample tube?
Yes, the Tip Dance protocol of the EZ1 DNA Investigator Card can cope with solid matrix that remains in the sample tube. However, very fluffy/diffuse materials (e.g. paper tissues) can clog the tips.
FAQ ID -1153
Can the EZ1 DNA Forensic Card be used with the EZ1 DNA Investigator Kit?
No, the EZ1 DNA Forensic Card cannot be used with the EZ1 DNA Investigator Kit.
FAQ ID -1151
Do the foils sealing the EZ1 Reagent Cartridges have to be manually removed prior to loading the robot?

No, prefilled Reagent Cartridges can be loaded onto the BioRobot EZ1 with their seals. During operation of the instrument, the piercing unit, a row of 6 metal spikes located behind the tip adapters, will puncture the foil of the cartridges, thereby exposing the reagents.

 

FAQ ID -1240
What disposables are required for nucleic acid isolations on the BioRobot EZ1?

No extra accessories need to be purchased for the BioRobot EZ1, as sample and elution tubes, as well as tips and tip holders are included with each EZ1 DNA or RNA isolation kit.

 

FAQ ID -1246