TissueLyser LT

最大12サンプル用の小型破砕機

Features

  • 同時に最大12 サンプルを破砕
  • 省スペースのコンパクト装置
  • 冷却可能なアダプターにより生体分子の分解を回避
  • すべてのサンプル種で再現性のある結果
  • すべてのワークフローに対応
TissueLyser LT

Cat. No. / ID: 85600

Compact bead mill, 100–240 V AC, 50–60 Hz; requires the TissueLyser LT Adapter, 12-Tube (available separately)
¥610,000
ProductAccessories
TissueLyser LT
TissueLyser LT Adapter
TissueLyser LT  は分子生物学実験用です。疾病の診断、治療または予防の目的に使用することはできません。

Product Details

TissueLyser LT は同時に最大12 サンプルを迅速かつ効果的に破砕する小型ビーズミルです。このスループット数は、QIAGEN のスピンカラムキットを用いたサンプル調製の自動化を実現する QIAcubeの処理数に合っています。ステンレススチールあるいはガラスビーズと共にサンプルを2 mlのマイクロ遠心チューブ中で高速振蘯することにより同時破砕およびホモジナイズを実現します。TissueLyser LTは、破砕プロセス中にチューブを保持するTissueLyser LT Adapter(冷却可能)と組み合わせて使用します。付属品として ビーズおよび ビーズディスペンサーがあります。

Performance

TissueLyser LT でヒト、動物、植物の組織、バクテリア、酵母を効果的に破砕した場合、次に行なうDNA、RNA、タンパク質精製操作で再現性のある収量が得られます(図 “  効果的な組織破砕”)。心臓や脳などの溶解困難な組織もTissueLyser LT で破砕することができます。DNA、RNA、タンパク質は破砕後も分解されることなく(図 “ RIN値の高い高純度RNAを精製”、“ どのような解析にも使用可能なインタクトなタンパク質”、“ 動物組織から精製した高品質DNA、“ 植物組織から精製した高品質DNA、および“ 植物組織から精製したインタクトなRNA”)、ダウンストリームアプリケーションで信頼できる解析を行なえます。

TissueLyser LT による破砕は、既に確立されているTissueLyser II の破砕に匹敵します(図 “ 効果的な組織破砕”、“ どのような解析にも使用可能なインタクトなタンパク質”、“ 動物組織からの高品質DNA”、および“ 植物組織からの高品質DNA ”)。

See figures

Principle

ジェノタイピング、遺伝子発現解析、プロテオミクスにおける実験ではDNA、RNA、タンパク質を確実に高収量で得るために生体サンプルを効果的に破砕する必要があります。TissueLyser LTシステムは、生体分子を完全に遊離するため、迅速かつ完璧にサンプルを破砕し、さらにQIAGEN 製品(表 “QIAGEN 破砕システムに対応するQIAGEN 精製用キット”)を用いて容易に精製を行なえるよう、同時にサンプルをホモジナイズします。

QIAGEN はサンプル採取からDNA、RNA、タンパク質の精製および解析までのトータルソリューションを提供しており、TissueLyser LTはその破砕工程を構成しています。TissueLyser LT はQIAGEN のマニュアル用サンプル調製キットに対応し(表 “QIAGEN 破砕システムに対応するQIAGEN精製用キット”)、またミドルスループットのサンプル調製および解析のための 自動化用製品 にも対応します(表 “QIAGENによるミドルスループットの自動化”)。これには、QIAGEN スピンカラムキットの自動化調製用装置であるQIAcube ならびにDNA、RNA のマルチキャピラリーゲル電気泳動自動化装置であるQIAxcel が含まれています。

QIAGEN破砕システムに対応するQIAGEN精製用キット
精製する生体物質 サンプル/ラン QIAGEN キット
RNA 溶解が容易な組織

RNeasy Kits

RNeasy Plus Kits
RNeasy Protect Kits
RNA 繊維性組織 RNeasy Fibrous Tissue Kits
RNA 全タイプの組織 RNeasy Lipid Tissue Kits
RNeasy Universal Tissue Kits
RNA 植物組織 RNeasy Plant Mini Kit
RNA 酵母 RNeasy Kits
RNA バクテリア RNeasy Protect Bacteria Kits
microRNA 全タイプの組織 miRNeasy Kits
DNA ヒト組織 QIAamp DNA Kits
DNA 動物組織 DNeasy Blood & Tissue Kits
タンパク質 組織 Qproteome Mammalian Protein Prep Kit
リン酸化タンパク質 組織 PhosphoProtein Purification Kit
糖タンパク質 組織 Qproteome Glycoprotein Kits
DNA およびRNA 組織 AllPrep DNA/RNA Kits
DNA、RNA、タンパク質 組織 AllPrep DNA/RNA/Protein Mini Kit
QIAGENによるミドルスループットの自動化
装置 目的 スループット
QIAcube DNA、RNA、タンパク質の精製 最大12サンプル/ラン
EZ1 Advanced ヒトサンプルからDNA およびRNA の精製 最大6サンプル/ラン
EZ1 Advanced XL ヒトサンプルからDNA およびRNA の精製 最大14サンプル/ラン
QIAxcel DNAフラグメントおよびRNAの電気泳動解析 最大96サンプル/ラン
QIAgility 反応セットアップ 最大384サンプル/ラン
Rotor-Gene Q リアルタイムPCRとHRM(high-resolution melting)解析 最大100サンプル/ラン
PyroMark Q24 メチル化および突然変異解析 最大24サンプル/ラン

Procedure

TissueLyser LT はTissueLyser LT Adapter をセットして使用します。サンプルとビーズの入ったチューブ(2 ml)12 本までをアダプターにセットし、TissueLyser LT のピストンにしっかりと装着します。ピストンが上下に高速に動作することにより、ビーズがサンプルを打ち砕くと同時にすり潰し、破砕とホモジナイゼーションを一緒に行なうことが可能です。

省スペース型TissueLyser LT(15 x 27 cm)は、ほとんどのラボに設置可能です。各サンプルは個々のチューブ内で安全に密封されるので、TissueLyser LT はクロスコンタミのリスクなしに複数のサンプル破砕を実現します。新鮮あるいは凍結サンプルを破砕する場合は、TissueLyser LT Adapter をドライアイスで前もって冷却することにより核酸やタンパク質の分解を回避できます (図 “ 植物組織からの高品質DNA”および“ 植物組織からのインタクトなRNA ”)。Allprotect Tissue Reagent (DNA、RNA、タンパク質を安定化) あるいは RNAlater RNA Stabilization Reagent (RNA を安定化) で保存した組織では、アダプターを前もって冷却する必要はありません。

See figures

Applications

ランあたり最大12サンプル処理が可能なTissueLyser LTは、ゲノミクス、トランスクリプトミクス、プロテオミクスのアプリケーションに必要な生体情報を獲得する際に、初期工程で理想的なツールです。TissueLyser LTは、2 mlのサンプルチューブを12本までセット可能なTissueLyser LT Adapter中で、動物およびヒト組織、植物組織、バクテリア、酵母を迅速かつ均一に破砕します。サンプル精製はマニュアル、あるいはQIAcube、QIAsymphony SP、QIAxtractor、EZ1 Advanced、EZ1 Advanced XLでの自動化により行なえます。

Supporting data and figures

Specifications

FeaturesSpecifications
dimensions
disruptionprinciple
protocolmainapplicationonthisintrument
features
technology
kitscompatiblewithinstrument
typicalruntime

FAQ

Can the sample tubes and the TissueLyser LT Adapter be cooled with liquid nitrogen?

No, cooling with liquid nitrogen would make the sample tubes brittle, resulting in breakage of the tubes during the disruption process. Cooling the adapter and sample tubes on dry ice or in a freezer to approx. -80°C is sufficient to prevent the samples from thawing during the disruption process.

 

See:  TissueLyser Virtual Demo for a demonstration of cooling the samples on dry ice before using the TissueLyser LT.

FAQ ID -2549
How long does the sample disruption with the TissueLyser LT take?
Depending on the downstream application and the tissue, the disruption time typically takes 40 sec to 5 min. For more information about the different applications please refer to the TissueLyser LT Handbook.
FAQ ID -2550
Are there any accessories required for sample disruption with the TissueLyser LT?

Yes, disruption and homogenization are achieved through the beating and grinding effect of beads on the sample material as they are shaken together in 2 mL sample tubes. Sample tubes and different beads can be purchased at QIAGEN (see ordering information in the TissueLyser LT Handbook).

 

See:  TissueLyser Virtual Demo for a virtual demonstration of this process.

FAQ ID -2551
How can I improve DNA yields from very tough tissues using the DNeasy Blood & Tissue Kit or the QIAamp DNA Mini Kit?

Efficient DNA isolation requires thorough sample disruption and digestion.

Although the QIAamp and DNeasy procedures requires no mechanical disruption of the tissue sample, the lysis time will be reduced if the sample is ground in liquid nitrogen or mechanically homogenized in advance. For mechanical homogenization, a rotor–stator homogenizer, such as the QIAGEN TissueRuptor, or a bead mill, such as the QIAGEN TissueLyser, can be used.

To improve digestion of tough tissue samples, Proteinase K incubation at 56°C can be performed overnight. DNA yields may be improved by increasing the amount of Proteinase K or by adding additional proteinase K after several hours of digestion.  

FAQ ID -374
The disruption of my sample worked well with the TissueLyser LT, but I am not satisfied with the RNA yield. What do you suggest?
The RNA yield can be improved by choosing a specialized RNeasy Kit, which is optimally adapted to the starting material (e.g., RNeasy Lipid Tissue Kits for brain tissue or RNeasy Fibrous Tissue Kit for heart).
FAQ ID -2555
What sample numbers can be processed on the TissueLyser LT?

Any number of samples between 1 and 12 can be processed on the TissueLyser LT. If processing either 1 sample or 11 samples, load an additional, empty sample tube to balance the TissueLyser LT Adapter. For more information please see the TissueLyser LT Handbook.

 

See: TissueLyser Virtual Demo for a virtual demonstration on how the TissueLyser LT works.

FAQ ID -2547
What are the dimensions of the TissueLyser LT?

The TissueLyser LT has the following weight and dimensions:

  • Weight: Approx. 7.35 kg (net); approx. 9 kg (gross)
  • Width: 150 mm
  • Depth: 270 mm
  • Height: 280 mm
FAQ ID -2545
What is the typical amount of tissue used for disruption with the TissueLyser LT?
The amount of starting material is dependent on the sample material that should be disrupted. For plant tissues up to 100 mg, and for human or animal tissues 25 to 30 mg, can be disrupted with the TissueLyser LT. When disrupting yeast up to 5 x 10^7 cells, and when disrupting bacteria up to 7.5 x 10^8 cells, can be used. Using more than the recommended amount of starting material will significantly decrease disruption efficiency.
FAQ ID -2552
Can the samples on the TissueLyser LT be protected from degradation of nucleic acids or proteins?

Yes, if using fresh samples that are not stabilized with a stabilization reagent (e.g., RNAprotect Tissue Reagent or Allprotect Tissue Reagent) the TissueLyser LT Adapter can be precooled on dry ice. During the disruption process the adapter will passively cool the samples to prevent heating and degradation of nucleic acids or proteins.

See:  TissueLyser Virtual Demo for a virtual demonstration of this precooling process with the TissueLyser LT.


FAQ ID -2548
Can the TissueLyser LT Adapter be removed for cleaning?

Yes, the TissueLyser LT Adapter can completely be removed from the instrument for cleaning. For more information on how to clean or decontaminate the instrument and the adapter please refer to chapter 6.1 in the TissueLyser LT User Manual on regular maintenance. The TissueLyser LT Adapter must not be autoclaved.

 

See:  TissueLyser Virtual Demo for a virtual demonstration on how the TissueLyser LT Adapter is used 

FAQ ID -2546
What kind of sample tubes are recommended to use with the TissueLyser LT?
The TissueLyser LT has been thoroughly tested with the Sample Tubes RB (2 ml) catalog number 990381. We do not recommend the use of any other tubes with the instrument.
FAQ ID -2553
What size bead should I use for tougher samples with the TissueLyser LT?

In general, disruption works very well using one stainless steel bead with a diameter of 5 mm. However, for tougher samples we recommend the use of two 7mm stainless steel beads to optimize the effectiveness of disruption.

 

See:  TissueLyser Virtual Demo for a demonstration on how these beads are used with the TissueLyser LT.

FAQ ID -2554