ヒト組織標本(最大サイズ;4 x 15 x 15 mm)の固定および安定化
  • 組織の形態および核酸の良好な保存に画期的なシステム
  • ホルマリンなしに組織の固定とパラフィン包埋を実現
  • 固定組織からの分子解析実験で良好な結果
  • 後日のサンプル調製用として組織の保存が可能
  • 同一サンプルからRNA、miRNA、DNAおよび/またはタンパク質を調製

PAXgene Tissue Containerは、2種類の試薬が既に充填された二重キャビティーの容器です。PAXgene Tissue FIXは組織に迅速に浸透かつ固定し、組織の形態を良好に保存します。固定はホルマリン固定に相当しますが、核酸やタンパク質のクロスリンキングや分解などの問題がありません。固定後、組織を同じ容器中のPAXgene Tissue STABILIZERに移します。室温で最高7日間、2~8 ℃あるいは–20℃~–80℃での長期保存後でも組織中の核酸およびタンパク質、サンプルの組織形態は安定です。安定化したサンプルは、組織研究用にパラフィン包埋ができます。PAXgene Tissue Kitを用いた同一サンプルから続けてRNA、miRNA、DNAおよび/またはタンパク質の効率的な精製用プロトコールも用意されています。

製品名 Product no. Cat. no. List price:
 
 
    varies
Can't order online?
To place an order via phone, email or for requesting a quote, please provide the product’s name, number and catalog number.
製品名 Cat. no. List price:
PAXgene Tissue Container (10)
For collection, fixation, and stabilization of 10 samples: 10 Prefilled Reagent Containers, containing PAXgene Tissue FIX and PAXgene Tissue STABILIZER
765112
¥18,000
記載のQIAGEN製品は研究用です。疾病の診断、治療または予防の目的には使用することはできません。
  • Main Image Navi
固定と組織形態の保存|
腎臓組織を切り出した後すぐに固定し、4 μm切片をヘマトキシンおよびエオシン (HE) で染色した。[A] 顕微鏡標本の表記した部分からサンプルを採取した。[B] ホルマリンで固定した組織(倍率630倍)。[C] PAXgene Tissue Fixで固定した組織(倍率630倍)。|
パフォーマンス
この固定および安定化法は、ホルマリン固定組織で観察されるクロスリンキングや分解がなく、良好な組織形態を保持し、高品質核酸の精製を実現します(図“固定と組織形態の保存”)。

PAXgene Tissue STABILIZER中に組織を保存している場合、組織タイプにもよりますが、その組織サンプルの核酸、タンパク質および組織形態は室温(15~25 ℃)で少なくとも7日間、あるいは2~8 ℃では4週間安定です。組織サンプルは、組織形態や組織中の核酸への損傷を与えることなく、–20 ℃(–15 ~–30 ℃)あるいは–80 ℃(–65 ~–90 ℃)でPAXgene Tissue STABILIZER中に長期間保存することも可能です。

PAXgene Tissue FIXおよびPAXgene Tissue STABILIZER内の固定および保存条件に関する仕様は動物組織を用いて決定されました。
原理
従来の組織学分野で使用されている現在の組織固定法は、分子解析に使用するには限界があります。ホルムアルデヒドを含む固定剤が生体分子にクロスリンクし、核酸およびタンパク質を変性します。組織の固定、保存、および処理中に、核酸の分解がクロスリンクにより生じます。クロスリンクを完全に除去できないために生じる化学的な変化は、定量PCRおよびRT-PCRなどの感度の高いダウンストリームアプリケーションにおいて阻害の原因になります。遺伝子解析と従来の病理学研究を同一検体から行なうためには、分子の安定化および形態保存を実現する方法が必要です。

PreAnalytiXは、このニーズに対応するためにPAXgene Tissue Systemを開発しました。本システムは、固定用試薬(PAXgene Tissue FIX)、安定化用試薬(PAXgene Tissue STABILIZER)、組織の採取、安定化、保存、輸送用の充填済み容器、そしてRNA、DNA、miRNAを含むトータルRNAの精製用キットで構成されています。さらに、タンパク質精製用追加プロトコール(supplementary protocol)およびその他のアプリケーションが本ページの”Resources”セクションあるいはwww.preanalytix.comで入手できます。

コンテナに分注済みのPAXgene Tissue reagentsおよびPAXgene Tissue Kitは、組織の採取・固定・安定化、および分子研究解析のための高品質核酸の精製を実現します。
操作手順
PAXgene Tissue Containersは2種類の試薬がそれぞれ充填された2つのchamberで構成されています。Chamber 1にはPAXgene Tissue FIXが、Chamber 2にはPAXgene Tissue STABILIZERが入っています。固定化には、組織サンプル(最大サイズ;4 x 15 x 15 mm)をスタンダードな組織カセットにセットする必要があります。

Chamber 1内で2~24 時間組織を固定します。PAXgene Tissue FIXは迅速に組織に浸透し、固定します。固定化後、組織カセットをChamber 1から取り出し、同一容器内のChamber 2に充填されているPAXgene Tissue STABILIZERに移します。安定化されたサンプルは組織学的な研究のためにパラフィンに包埋できます。パラフィンに包埋する前、あるいは後に安定化したサンプルから核酸およびタンパク質を分離できます。DNA、RNA、miRNAに関する情報はPAXgene Tissue Kit HandbooksおよびPAXgene Tissue supplementary protocolsは本ページの"Resources"セクションを、またタンパク質精製やその他のアプリケーションに関してはwww.preanalytix.comをご覧ください。

アプリケーション
PAXgene Tissueで固定しパラフィン包埋した組織切片(PFPE)は、組織学的な研究や核酸・タンパク質精製に使用できます。PAXgene Tissueで固定、安定化した組織からのRNA、miRNAを含むトータルRNA、DNAの精製にはRNA、miRNA、DNA用のいずれかのPAXgene Tissue Kitを用いてください。タンパク質の精製にはQproteome FFPE Kitが必要です。

You are not authorized to download the resource

パンフレット
7
For isolation and purification of genomic DNA from tissue samples stabilized using the PAXgene Tissue System 

 


詳細を表示

 


詳細を表示
For isolation and purification of total RNA, including miRNA, from tissue samples fixed and stabilized using the PAXgene Tissue System

 


詳細を表示
For extraction of full-length proteins from PFPE tissue using the Qproteome FFPE Tissue Kit

 


詳細を表示
For isolation and purification of intracellular RNA from tissue samples stabilized using the PAXgene Tissue System

 


詳細を表示
Moving toward excellence and standardization in tissue collection and fixation

 


詳細を表示

詳細を表示
FAQ
34
FAQ ID -2518
表示
FAQ ID -2519
表示
FAQ ID -2523
表示
FAQ ID -2524
表示
FAQ ID -2525
表示
FAQ ID -2526
表示
FAQ ID -2529
表示
FAQ ID -2530
表示
FAQ ID -2531
表示
FAQ ID -2533
表示
FAQ ID -2534
表示
FAQ ID -2538
表示
FAQ ID -3030
表示
FAQ ID -3032
表示
FAQ ID - 3600
表示
FAQ ID - 3601
表示
FAQ ID - 3602
表示
FAQ ID - 3603
表示
FAQ ID - 3604
表示
FAQ ID - 3605
表示
FAQ ID - 3606
表示
FAQ ID - 3607
表示
FAQ ID - 3608
表示
FAQ ID - 3609
表示
FAQ ID - 3610
表示
FAQ ID - 3611
表示
FAQ ID - 3612
表示
FAQ ID - 3613
表示
FAQ ID - 3614
表示
FAQ ID - 3615
表示
FAQ ID - 3616
表示
FAQ ID - 3617
表示
FAQ ID - 3618
表示
FAQ ID - 3619
表示
テクニカルインフォメーション
9

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示
サイエンティフィック・ポスター
15
Long et al., ADAPT 2012

 


詳細を表示
Hesse et al., AACR-NCI-EORTC 2011

 


詳細を表示
Groelz et al., AACR 2010

 


詳細を表示
Groelz et al., AMP 2010 

 


詳細を表示
Groelz et al., AMP 2008 

 


詳細を表示
Groelz et al., AMP 2009 

 


詳細を表示
Groelz et al., ISBER 2012

 


詳細を表示
Groelz et al., BRN Symposium 2012 

 


詳細を表示
Groelz et al., ECP 2012

 


詳細を表示
Groelz et al., AMP 2009

 


詳細を表示
Groelz et al., 3rd Annual Oncology Biomarkers 2011

 


詳細を表示
Groelz et al., GTEx Meeting 2014

 


詳細を表示
Groelz et al., AMP 2014

 


詳細を表示
Groelz et al., BRN Symposium 2011 

 


詳細を表示
Groelz et al., ECP 2014

 


詳細を表示
キットハンドブック
1
For fixation and stabilization of tissue specimens
詳細を表示
Supplementary Protocols
16

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示

詳細を表示
安全データシート
1
References
0