PAXgene Tissue Containers で固定と安定化を行なった組織からのDNA 精製
  • 固定化、安定化、精製を統合したシステム
  • 組織からの高品質DNA精製
  • 組織形態を良好に保存

PAXgene Tissue Containers で固定、保存した組織サンプルは、続いてmiRNA、RNA、DNAを精製することは勿論、パラフィン包埋し、病理学研究にも使用できます。PAXgene Tissue DNA Kitは、PAXgene Tissue Containersで固定と安定化を行なった組織からのDNA精製を実現します。精製は、シリカベースのDNA精製テクノロジーを用いてスピンカラムフォーマットで行なわれます。本キットはContainerと併用して採取、固定、安定から分子解析のための高品質DNA精製までをカバーするプレアナリティカルなトータルソリューションを提供します。

最新の情報はPreAnalytixのウェブサイトよりご確認ください。

製品名 Product no. Cat. no. List price:
 
 
    varies
Can't order online?
To place an order via phone, email or for requesting a quote, please provide the product’s name, number and catalog number.
製品名 Cat. no. List price:
PAXgene Tissue DNA Kit (50)
For 50 DNA preps: PAXgene DNA Mini Spin Columns, Processing Tubes, Microcentrifuge Tubes, Carrier RNA, and Buffers; to be used in conjunction with PAXgene Tissue Containers
767134
¥32,500
記載のQIAGEN製品は研究用です。疾病の診断、治療または予防の目的には使用することはできません。
  • Main Image Navi
PAXgene Tissue DNA操作|PAXgene Tissue Containersで固定と安定化を行なった様々な組織からの高品質DNA精製|
|様々な臓器からの組織をPAXgene Tissue Fixで3時間固定後、PAXgene Tissue Stabilizerに移して24時間室温で保存した。固定、安定化後、パラフィン包埋した組織切片からPAXgene Tissue DNA Kitを用いてDNAを精製した。M:マーカー。|
パフォーマンス
PAXgene Tissue DNA Kitを用いて精製したトータルDNA は高純度です。DNAのA260/A280は1.7~1.9、吸光度のスキャンは260 nmで対照的なピークを持つことから、ゲノムDNAが高純度であることが確認できますコンタミは最小限で、精製DNAはPCR阻害が観察されることなくダウンストリームのアプリケーションにすぐに使用できます。PAXgene Tissue ContainerとPAXgene Tissue Kitの組み合わせは、組織の採取・固定・安定化、および分子解析のために高品質DNAの精製を実現し、プレアナリティカルなトータルソリューションを提供します(図 “PAXgene Tissue Containersで固定と安定化を行なった様々な組織からの高品質DNA精製”)。
原理

従来の組織学分野で使用されている現在の組織固定法は、分子解析に使用するには限界があります。ホルムアルデヒドを含む固定剤が生体分子にクロスリンクし、核酸およびタンパク質を変性します。組織の固定、保存、および処理中に、核酸の分解がクロスリンクにより生じます。クロスリンクを完全に除去できないために生じる化学的な変化は、定量PCRおよびRT-PCRなどの感度の高いダウンストリームアプリケーションにおいて阻害の原因になります。遺伝子解析と従来の病理学研究を同一検体から行なうためには、分子の安定化および形態保存を実現する方法が必要です。

PreAnalytiXはこのようなニーズにあったPAXgene Tissue Systemを開発しました。本システムは、組織採取用容器(ヒト組織切片の採取、安定化、保存、輸送用PAXgene Tissue Container)と、トータルRNA、DNA、miRNAの精製用キットから構成されています。PAXgene Tissue Containerは、病理組織学のための組織固定化を行ない、また同一サンプルから分子解析用の高品質核酸の精製が可能です。この組織の固定および安定化法により、組織形態は保存され、ホルマリン固定組織で見られるようなクロスリンキングや分解のない核酸が得られます。

ゲノムDNAの精製のためには、PAXgene Tissue Containers で組織の採取と安定化とPAXgene Tissue DNA Kitを用いたDNAの分離と精製を含むシステムが必要です。

操作手順

PAXgene Tissue Containersは2種類の試薬がそれぞれ充填された2つのchamberで構成されています。PAXgene Tissue Fixは迅速に組織に浸透し固定します。固定後にPAXgene Tissue Fixから組織を取り出し、同じ容器の2つ目のchamber に入っているPAXgene Tissue Stabilizerに組織を移します。組織をPAXgene Tissue Stabilizerで保存すると、組織サンプルの核酸と形態は室温で最低3日、最高7日間、2~8℃で最低2週間、最高8週間安定です(組織タイプに依存)。-15~-30°Cで少なくとも26ヶ月間の保存も可能で、組織形態や核酸の品質には悪影響はありません。

安定化したサンプルは、組織研究用にパラフィン包埋ができます。パラフィン包埋の前か後で、PAXgene Tissue で固定し、パラフィン包埋したサンプルから核酸を分離できます。 

PAXgene Tissue DNA Kitは、PAXgene Tissue Containersで固定と安定化を行なった組織からのゲノムDNA精製に3種類のプロトコールを準備しています。

組織サンプルは溶解バッファー、Buffer TD1で溶解、proteinase Kで分解します。バッファー条件を、結合バッファーであるBuffer TD2とエタノールで調節して、DNA結合条件を最適にし、ライセートをPAXgene DNA Spin Columnにアプライします。遠心操作中にDNAは選択的にシリカメンブレンに結合し、夾雑物は洗い流されます。残存する夾雑物および酵素阻害物質は洗浄バッファー、TD3 とTD4による2回の洗浄ステップで効率的に除去され、DNAは低塩濃度の溶出バッファー、 Buffer TD5で溶出し、すぐに使用できます(図“The PAXgene Tissue DNA操作”)。

アプリケーション

精製したDNAは次のような様々なダウンストリームアプリケーションに最適です。

PCRおよびリアルタイム定量PCR
サザンブロット
薬理ゲノミクス研究
SNPディスカバリーとSNPジェノタイピング
Feature
Specifications
Applications PCR and quantitative, real-time PCR, Southern blotting, pharmacogenomic studies, SNP discovery and SNP genotyping
Elution volume 14–40 µl
Format Spin column
Main sample type Human tissue
Processing Manual (centrifugation)
Sample amount 4 x 15 x 15 mm
Technology Silica technology
Time per run 30 min + 120 min incubation/8 samples
Yield Depends on tissue type and starting material (fixed or PFPE*)
* PAXgene Fixed Paraffin Embedded.

You are not authorized to download the resource

パンフレット
4
Two worlds in one sample
詳細を表示
For isolation and purification of genomic DNA from tissue samples stabilized using the PAXgene Tissue System 

 


詳細を表示
Moving toward excellence and standardization in tissue collection and fixation

 


詳細を表示

詳細を表示
キットハンドブック
1
For isolation and purification of genomic DNA from tissue samples stabilized in PAXgene Tissue Containers
詳細を表示
安全データシート
1
References
0