アガロースゲルおよび反応液からのDNAフラグメント(40 bp~50 kb)精製用
  • 40 bpから50 kbまでのDNAフラグメントの効率的な抽出
  • アガロースゲル(TAE、TBEバッファー)およびポリアクリルアミドゲルからのゲル抽出
  • 精製後の反応を妨害するヨウ化ナトリウムは不使用
  • 大きなDNAフラグメントのシェアリングが皆無
QIAEX II Gel Extraction Kitには、カオトロピック塩存在下でDNAフラグメントが結合するシリカ粒子懸濁液が添付されています。QIAEX II Suspensionを溶液あるいは溶解したアガロースゲル片に添加し、DNAに結合させます。簡単な遠心操作により粒子を回収、洗浄後、Trisバッファーあるいは水でDNA(40 bp~50 kb)を溶出します。
製品名 Product no. Cat. no. List price:
 
 
    varies
Can't order online?
To place an order via phone, email or for requesting a quote, please provide the product’s name, number and catalog number.
製品名 Cat. no. List price:
QIAEX II Gel Extraction Kit (150)
For 150 extractions: 3 x 0.5 ml QIAEX II Suspension, Buffers
20021
¥29,500
QIAEX II Gel Extraction Kit (500)
For 500 extractions: 5 x 1.0 ml QIAEX II Suspension, Buffers
20051
¥67,500

QIAEX II Gel Extraction Kit  は分子生物学実験用です。疾病の診断、治療または予防の目的には使用することはできません。


  • Main Image Navi
QIAEX II操作手順|pH指示薬|一定した回収率|
|溶解および結合バッファー中のpH指示薬により、DNA吸着に最適なpHが簡単に分かります(pH ≤7.5)。アガロースゲル電気泳動バッファーを繰り返し使用したり、間違って調製した場合に、結合混合液のpHが不適切となる可能性があります。このような場合は、3M酢酸ナトリウム、pH 5.0を10 µl添加してpHを簡単に調整することが可能です。
|2.9 kb DNAフラグメントの様々な量を1 %アガロースゲルからQIAEX II Gel Extraction Kit を用いて抽出した際の回収率を示した。|
パフォーマンス

QIAEX II Gel Extraction Kitを使用すると、10 ng~10 µgのDNAが効率的に回収されます(図"一定した回収率")。汎用性のあるバッチ精製手順により、30 µl QIAEX II懸濁液を使用することで、結合容量を15 µgまで容易にスケールアップできます。

QIAEX II Gel Extraction Kitには、60~95%のDNAフラグメント(40 bp~50 kb)を精製するシリカ粒子が添付されています。10 µlのQIAEX II懸濁液は5 µgのDNAに結合し、DNAは20 µlで溶出されます。

サイズ別の回収率
DNAサイズ 回収率*
44 bp 75
75 bp 75
500 bp 95
7.5 kb 85
23.5 kb 75
48.5 kb 60
* 1% TAEアガロースゲルにロードされた2 µgのDNAからの回収率。
原理

QIAEX IIシステムではカオトロピック塩を用いてアガロースを溶解後、核酸を選択的にQIAEX IIシリカゲル粒子に吸着させ、DNAフラグメントを精製します。QIAEX IIはフェノール抽出やエタノール沈殿を行なわずに、DNAを塩、アガロース、ポリアクリルアミド、色素、タンパク質、ヌクレオチド等から分離します。QIAEX IIは、TAEあるいはTBEバッファーを用いた、どのようなタイプのアガロースゲルからでも効率的にDNAを抽出します。

QIAEX II粒子は大きなDNAフラグメントでも、シェアリングなく効率的に回収できます。至適化されたバッファーを使用することにより、DNAサンプルからの除去が困難で、精製後の反応に悪影響を及ぼす可能性のあるヨウ化ナトリウムを使用せずに、DNAを回収できます。

QIAEX IIシステムの溶解および結合バッファーはユニークなpH指示薬を含んでいます。結合混合液がDNAのQIAEX IIシリカゲル粒子への効率的な吸着に最適なpHかどうかを、溶液の色の変化で簡単に判断できます(図"pH指示薬")。さらに結合時の溶液の色により、溶解していないアガロース片が見やすくなり、アガロース溶解が完全に行なえるので、高い収量を実現できます。

操作手順

QIAEX IIシリカゲル粒子をゲル溶解液に添加し、簡単な遠心操作により粒子を回収します(フローチャート"QIAEX II操作手順")。洗浄後、純粋なDNAフラグメントを20 µlのTrisバッファーあるいは水で溶出します。

QIAEX II Gel Extraction Kitには、QIAEX II懸濁液、結合および洗浄用バッファーと詳細なハンドブックが添付されています。QIAEX II Suspensionも別売りで販売されています。アガロースゲル、溶液、ポリアクリルアミドゲルからのDNA精製のためのプロトコールも付いています。

アプリケーション

QIAEX IIシステムを用いて精製されたDNAは以下のものを含むほとんどのアプリケーションに直接使用できます。

制限酵素分解
標識反応
ライゲーション
PCR
Feature
Specifications
Binding capacity 5 µg/10 µl
Elution volume 20 µl
Format Tube
Fragment size 40 bp – 50 kb
Processing Manual
Recovery: oligonucleotides dsDNA Recovery: dsDNA fragments
Removal <10mers 17–40mers dye terminator proteins Removal <40mers
Sample type: applications DNA: PCR reactions
Technology Silica technology

You are not authorized to download the resource

キットハンドブック
1
クイックスタートプロトコール
1
References
0