信頼性と感度の高い遺伝子発現プロファイリング

  • 適応性が高く信頼できるバイオマーカー検証
  • 100,000 を超える遺伝子に対応するフレキシブルなアレイフォーマット
  • 厳密な品質管理と品質保証で精度と信頼性の高い結果
  • ほとんどのリアルタイムサイクラーでルーチンの使用が可能

Custom RT2 Profiler PCR Arrayは、お客様の研究内容に特化した遺伝子パネル用リアルタイムPCRプライマーアッセイ(至適化済み)のセットで、 適切なRNA品質コントロールも含まれており、96ウェルプレート、384ウェルプレート、100-well discフォーマットでお届けします。RT2 Profiler PCR Arraysは、リアルタイムPCRの感度と、複数の遺伝子のプロファイリングが可能なマイクロアレイの特長を持ち合わせた遺伝子発現解析を実現します。


製品名 Product no. Cat. no. List price:
 
 
    varies
Can't order online?
To place an order via phone, email or for requesting a quote, please provide the product’s name, number and catalog number.
製品名 Product no. Cat. no. List price:
Custom RT2 PCR Array
96-well plate, 384-well plate, or Rotor-Disc 100 including assays, film, or cap strips
330171 Varies
Inquire
Create and order
Custom RT2 PCR Array Additional Plate
Additional Custom RT2 PCR Array plate at time of initial order
330181 Varies
Inquire
Create and order

Custom RT2 Profiler PCR Arrays は分子生物学実験用です。疾病の診断、治療または予防の目的には使用することはできません。


  • Main Image Navi
わずか25 ngのRNAでポジティブな結果|簡便な操作|すべての反応で単一の遺伝子特異的産物|プレートレイアウト|高精度な結果を実現するPCRアレイ|異なるユーザー間で高い再現性|
Universal total RNAの量を変えて、Human Inflammatory Cytokines and Receptors RT2 Profiler PCR Arrayを用いて解析した。 各RNA量に対して検出可能な遺伝子のパーセンテージを計算した。サイトカインの発現レベルが非常に低い場合でも、わずか25 ngのトータルRNAで80%を超えるpositive callが得られた。||Universal total RNAをTGFβ/BMP Signaling Pathway RT2 Profiler PCR Arrayで増幅後、解離(融解)曲線で解析した。同一のRNAサンプル中で関連した遺伝子ファミリーメンバーが発現しているにもかかわらず、PCRアレイは個々の遺伝子を特異的に検出した。||RT2 Profiler PCR Arrayで使用されている4000遺伝子用アッセイの代表的なセットは、99%の平均増幅効率を持ち、95%信頼区間は90~110%である。PCRアレイの増幅効率は一貫して高いために、ΔΔCT 法を用いて、複数の遺伝子の正確な同時解析が可能である。|Human Drug Metabolism RT2 Profiler PCR Arrayを用いて、2人の研究者(AとB)により異なる時間(2回)で得られた生データ、4 replicate(1~4)を直接比較した。本結果は相関性の高いことを証明している(R2 >0.990)。|
パフォーマンス
感度

RT2 First Strand Kitの感度により、アレイプレートあたりわずか1 ngまたは最高5 µgのトータルRNAで80%を超えるpresent call rateが得られます(図“わずか25 ngのRNAでポジティブな結果”)。

再現性

PCRアレイトータルシステムは、技術的なreplicate実験、異なるロット間、異なる装置間で高い相関性(相関係数が0.99を超える)をもつことが証明され、生体サンプルの発現の差を高い信頼性で検出できます(図“異なるユーザー間で高い再現性”)。

特異性

高品質のスタートRNAを用いたPCRアレイシステムでは、プライマーダイマーや二次産物がなく、予想されたサイズの単一バンドが得られます(図“すべての反応で単一の遺伝子特異的産物”)。

一定したPCR増幅効率

全遺伝子を通じて遺伝子発現レベルの比較を正確に行なうために、一定したPCR増幅効率は、PCRアレイテクノロジーにとって非常に重要です。当社独自のプライマー設計アルゴリズムと、全プライマーアッセイの厳蜜なテストにより、PCRアレイでの全プライマーアッセイの高いパフォーマンスを保証します(図“PCRアレイは高精度な結果を実現”)。

原理

Custom RT2 Profiler PCR Arrayは、多数の生体サンプル中の遺伝子発現バイオマーカーを研究、検証するための信頼できるツールです。バイオマーカーがお客様所有のものであるか、文献検索のものであるか、またはDNAマイクロアレイ解析からのものであるかどうかにかかわらず、リアルタイムPCR検出におけるQIAGENの専門家が、バイオマーカーの検証実験において品質、柔軟性、一貫性を提供します。QIAGENはヒト、マウス、ラット、アカゲザル、ショウジョウバエ、イヌゲノムをカバーする100,000を超える遺伝子用のプライマーをゲノムワイドでお届けします。

SYBR® GreenベースのリアルタイムPCRは、多数の生体サンプル中の遺伝子発現バイオマーカーを研究、検証するための強力なテクノロジーです。各96ウエルプレート、384ウエルプレート、100-well disc PCR Arrayには、SYBR® Green検出用に至適化されたプライマーアッセイが入っています。高品質のプライマー設計とマスターミックス成分により、PCRアレイは遺伝子特異的産物の同時増幅を、同一サイクリング条件下で実現します。

プライマーデザインと品質、特異性、増幅効率における厳密な品質保証(QA)ならびに品質管理(QC)を行なっていますので安心してご使用いただけます。

これらの条件を満たすことにより、Custom RT2 Profiler PCR Arrayは正確なリアルタイムSYBR® Green結果に必要な高い特異性と増幅効率を実現します。PCRアレイはどのような研究室でも容易に使用できます。

入手可能なフォーマット

Custom RT2 Profiler PCR Arrayは、以下のようなプレートフォーマットで提供しています(下の表と図“プレートフォーマット”)。必要な遺伝子とプレートフォーマットをお選びください。

96ウェルプレートまたは100-well discカスタムqPCRアレイ
フォーマット プレート数
(最小)
8遺伝子、プレートあたり12サンプル 12
12遺伝子、プレートあたり8サンプル 12
16遺伝子、プレートあたり6サンプル 12
24遺伝子、プレートあたり4サンプル 24
32遺伝子、プレートあたり3サンプル 24
48遺伝子、プレートあたり2サンプル 24
96遺伝子、プレートあたり1サンプル 24
全フォーマット 追加単位12アレイ

384ウエルプレートcustom qPCRアレイ
フォーマット プレート数
(最小)
8遺伝子、プレートあたり48サンプル 6
12遺伝子、プレートあたり32サンプル 6
16遺伝子、プレートあたり24サンプル 6
24遺伝子、プレートあたり16サンプル 6
32遺伝子、プレートあたり12サンプル 6
48遺伝子、プレートあたり8サンプル 6
64遺伝子、プレートあたり6サンプル 6
96遺伝子、プレートあたり4サンプル 6
128遺伝子、プレートあたり3サンプル 6
192遺伝子、プレートあたり2サンプル 24
384遺伝子、プレートあたり1サンプル 24
全フォーマット 追加単位6アレイ

その他のフォーマットあるいは特別なアッセイデザイン(位置、変異など)のアレイも入手可能です。 お問い合わせください。

操作手順

cDNAテンプレートと適切で即使用可能なPCRマスターミックスを混和し、同一プレートの各ウェルに等量分注し、リアルタイムPCRサイクリングプリグラムを起動します(フローチャート“簡単な操作”)。Custom RT2 Profiler PCR Arrayは、QIAGEN、ABI、Bio-Rad、Eppendorf、Roche、Stratageneの装置で使用可能です。

適応性が高いレイアウトとコントロール

Custom RT2 Profiler PCR Arrayは96ウェルプレート、384ウェルプレート、100-well discフォーマットで提供します。 お客様の研究内容に関連する84あるいは370種類までの遺伝子と5種類のハウスキーピング遺伝子の発現を調べることができます。Custom RT2 Profiler PCR Arrayには以下の目的のためにコントロールも入っています:

データの標準化 
ゲノムDNAのコンタミを検出
RNAサンプル品質
一般的なPCRパフォーマンス
使いやすいデータ解析

エクセルベースのデータ解析テンプレートあるいはウェブベースのソフトウェアを用いてデータ解析を簡単に行なえます。データ解析はΔΔCT法に基づき、ハウスキーピング遺伝子に対して生データを標準化します。

アプリケーション

Custom あるいは Modified RT2 PCR Profiler Arrayは、バイオマーカーのスクリーニングと検証のために適応性のあるプラットフォームを提供し、次のような生物および医学研究領域で使用できます。

がん
炎症およびサイトカインのプロファイリング
幹細胞
神経化学
シグナル伝達パスウェイ
細胞接着と細胞移動

You are not authorized to download the resource