QIAGEN Genomic-tip 100/G

最大100 µgまでの様々なサンプルからの高分子DNA分離用
  • 150 kbまでのDNAを確実に単離
  • フェノール/クロロホルム抽出が不要
  • 多数サンプルの簡便な同時処理

QIAGEN Genomic-tipは、様々な生物サンプルからゲノムDNAを効率的に精製するためのオープンカラム方式の陰イオン交換チップです。精製したDNAのサイズは、平均50~100 kb、最大150 kbです。

製品名 Cat. no. List price:
QIAGEN Genomic-tip 100/G
25 columns
10243
¥33,000

QIAGEN Genomic-tip 100/G  は分子生物学実験用です。疾病の診断、治療または予防の目的には使用することはできません。


  • Main Image Navi
QIAGEN Genomic-tip製法|150 kbまでのゲノムDNA|Direct sequencing of bacterial genomic DNA.|
最適な溶解バッファー中でサンプル(組織サンプルは予め機械的に破砕)を溶解すると同時に、タンパク質を変性させる。QIAGEN ProteaseあるいはProteinase Kを添加し、適切なインキュベーション後、ライセートをQIAGEN Genomic-tipにロードする。DNAはカラムに結合し、他の細胞構成物は流出する。残った夾雑物を除去するための洗浄ステップ後、純粋な高分子DNAを溶出し、イソプロパノールで沈殿させる。|QIAGEN Genomic-tipで精製したDNA(2 µg)のパルスフィールドゲル電気泳動。 M:マーカー。|Direct sequencing of E. coli genomic DNA purified on a QIAGEN Genomic-tip 100/G. 2.5 µg genomic DNA was sequenced with a 22mer primer which hybridizes to sequences within the atpB gene. Sequencing reactions were performed using a modified BigDye Terminator cycle sequencing protocol.|
パフォーマンス

QIAGEN Genomic-tipでの調製法は、非常に緩和な条件下で行なわれるので、DNAの剪断はほとんど認められません。QIAGEN Genomic-tipで精製したDNAのサイズは、平均50~100 kb、最大150 kbです(図"150 kbまでのゲノムDNA")。このDNAはRNA、タンパク質、代謝物などの夾雑物をまったく含まず、A260/A280比は1.7~1.9です。

QIAGEN Genomic-tipには、様々な調製ニーズに対応したサイズが取り揃えられており、各サンプルからの詳細なゲノムDNA精製プロトコールが記載されているハンドブックも添付されています。血液、組織、培養細胞、酵母やバクテリア用の特殊な溶解バッファー、およびその他の必要なバッファーは全て、別売りのGenomic DNA Buffer Setに含まれています。

精製したDNAはバクテリアゲノムのダイレクトシークエンシングに利用できます(図"バクテリアゲノムDNAのダイレクトシークエンシング")。

QIAGEN Genomic-tip 100/G規格
サンプル  量 収量(µg)
全血(ヒト)  5 ml 80~100
培養細胞(HeLa)  2 x 107 80~100
組織(肝臓)  80 mg 80~100
酵母(S. cerevisiae  5 ml 85~95
グラム陰性菌(大腸菌)  3~6 ml 85~95
グラム陽性菌(B. subtilis  6~9 ml 85~95

原理

QIAGEN Genomic-tipでは、様々な生物サンプルからフェノールやクロロホルムを使用せずに高純度の高分子量DNAを精製するために、ユニークなQIAGEN陰イオン交換テクノロジーを使用しています。種々のサンプルに対応した溶解バッファーは、ヌクレアーゼ、ヒストンおよびDNA結合タンパク質のみならず、感染性のウイルス粒子さえもすぐに変性可能です。添付されているバッファーのpH、および塩濃度の条件下では、DNAはカラム中のQIAGENレジンに結合し、タンパク質、炭水化物および代謝物等は結合せずに流出します。最後に高純度DNAを高塩濃度バッファーで溶出します。Genomic-tipはオープンカラム方式で、カラム樹脂が乾燥することはないので、操作中に付き添う必要はありません。従って、実際の取り扱い時間は最小限で済み、多数サンプルの同時並行処理に最適な方法です。

操作手順

サンプルは、最適な溶解バッファー内で溶解され(組織サンプルは予め機械的に破砕します)、同時にタンパク質も変性されます(フローチャート"QIAGEN Genomic-tip製法")。QIAGEN ProteaseあるいはProteinase Kを添加し、適切なインキュベーション後、ライセートをQIAGEN Genomic-tipにアプライします。DNAはカラムに結合し、他の細胞構成物は流出する。残った夾雑物を除去するための洗浄ステップ後、純粋な高分子DNAを溶出し、イソプロパノールで沈殿させます。全操作中のマニュアルでの作業時間はバクテリアではわずか20分、血液、培養細胞では30分、そして組織や酵母では40分です。

アプリケーション

QIAGEN Genomic-tip 100/Gを使って精製されたDNAは、以下のようなアプリケーションに最適です。

RFLP解析
遺伝子ターゲティング解析
トランスジェニック動物のスクリーニング
DNAフィンガープリント研究
サザンブロット法

You are not authorized to download the resource

Supplementary Protocols
1
This protocol is designed for isolation of up to 200 μg RNA from 150 mg plant tissue or up to 1 mg RNA from 600 mg plant tissue and is for use with QIAGEN-tip 100 or QIAGEN-tip 500, respectively.
詳細を表示
キットハンドブック
1
クイックスタートプロトコール
1
MSDS
1
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
表示
安全データシート
2