Investigator STAR Lyse&Prep Kit

オープンDNA抽出プラットフォームを用いた、法医学サンプル由来DNAの自動精製用

S_5041_AT_InvestigatorSTAR_s

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

Investigator STAR Lyse&Prep Kit (400)

Cat. No. / ID:  931447

ケースワークおよび標準試料からの調製400回用:Buffer ATL、Buffer QSL3、Buffer QSW1、Buffer QSW2、ビーズ懸濁液G、Buffer ATE、プロテイナーゼK、キャリアRNA、Q-Card
Copy order details
Investigator STAR Lyse&Prep Kitは、法医学、ヒト個人識別、父子鑑別における分子生物学的アプリケーションでの使用を想定しています。疾病の診断、予防、治療は目的としてはいません。

✓ 24/7 automatic processing of online orders

✓ Knowledgeable and professional Product & Technical Support

✓ Fast and reliable (re)-ordering

Features

  • 法医学および個人識別鑑定サンプルからの精製
  • 第三者のオープンDNA抽出プラットフォームに適合
  • 微量のケースワークサンプルからの効率的な収量
  • ハイスループット検査室での効率的および安全な使用のために設計
  • サンプルの溶解、結合、洗浄、溶出のための全試薬を含む

Product Details

Investigator STAR Lyse&Prep Kitは、Hamilton、TECANなどの第三者の供給者からのオープンDNA抽出プラットフォームを用いて、法医学サンプル由来のゲノムDNAの自動精製を可能にします。キットのフォーマットは、特にハイスループットのアプリケーション用に設計されており、検査室のワークフローを加速し、下流の処理に備えて高品質DNAの高収量を提供します。Investigator STAR Lyse&Prep Kitは、ISO 18385要件を満たします。

Performance

Investigator STAR Lyse&Prep Kitは、ハイスループット設定で法医学ケースワークサンプル由来のDNAの高効率な精製を可能にします。キットには、400個のサンプル用に十分な試薬が含まれ、最大96個のサンプルまで、サンプル調製バッチ1個につき1個の容器を利用できるように計量済みの緩衝液と酵素の容器を複数含みます。これにより、異物混入のリスクを低減し、試薬の効率的な使用と開封済みの試薬の保存を最小限に抑えることが保証されます。注入量は、より規模の大きいサンプル用により大きい溶解体積を収容できるよう、そしてInvestigator Lyse&Spin Basket Kitの使用のために調製可能です。

Principle

Investigator STAR Lyse&Prep Kitは、法医学およびヒト個人識別検査でゲノムDNAの精製を高い再現性で自動化します。精製手順は効率的で、精製済みDNAは、定量PCRやSTR解析などの下流の解析でも良好に機能します。貴重なサンプルの安全で再現性のある取り扱いを保証するよう設計されており、4段階の手順、すなわち溶解、結合、洗浄、溶出で構成されます。
Investigator STAR Lyse&Prep Kitを用いて処理できるサンプルタイプは非常に多様であるため、特定のサンプルタイプに最適化されたさまざまな前処理もあります。サンプルは、総体積が300µl(通常使用)または500 µl(Investigator Lyse&Spin Basket Kitの使用および規模の大きいサンプルの処理に対応)で、プロテイナーゼKとBuffer ATLの存在のもと変性条件下で溶解します。
磁性粒子テクノロジーは、オープンDNA抽出プラットフォーム専用に設計されたフォーマットで、シリカベースのDNA精製のスピードおよび効率性と、磁性粒子の取り扱いやすさを組み合わせたものです。DNAは、カオトロピック塩の存在下で粒子のシリカ表面への結合を通じて、ワンステップで溶解物から単離されます。粒子は磁石を使用して溶解物から分離されます。その後、DNAは効率的に洗浄され、改変TEバッファー(Buffer ATE)内に溶出します。

Applications

Investigator STAR Lyse&Prep Kitを使用して取得した高品質のDNAは、以下のようなアプリケーションで、法医学およびヒト個人識別検査で直接使用するのに適しています。

  • フィンガープリンティングや父子鑑定などの遺伝子型決定
  • 微量サンプルからのDNA精製(例、犯罪現場)
  • 標準サンプルの通常分析

Supporting data and figures

Specifications

FeaturesSpecifications
ApplicationsSTR分析、(リアルタイム)PCR
Sample type広範な法医学的およびヒト個人識別検査サンプル材料
Technology磁性粒子技術
Input volume300 µlまたは500 µl溶解物

Resources

MSDS (1)
Download Safety Data Sheets for QIAGEN product components.
クイックスタートプロトコール (1)
テクニカルインフォメーション (2)
Quality initiatives for human identity testing and forensics 
キットハンドブック (1)
Certificates of Analysis (1)
Technical Information (2)
Quality initiatives for human identity testing and forensics 
Kit Handbooks (1)
Quick-Start Protocols (1)

FAQ

What is the composition of the binding buffer?
The binding buffer is a mixture of QSL3 and QSW2. If using the 300 µL protocol, the ratio is 50:50 to make a total volume of 720 µL per sample. If using the 500 µL protocol, the ratio is 60:40 QSW2 to QSL3, respectively, up to 800 µL per sample.
FAQ ID - 4020
Can I use DNA-free water to elute my samples rather than the ATE buffer?
Yes, it’s possible, but best results are achieved using the supplied ATE buffer.
FAQ ID - 4022
Why is there difference in temperature for the wash steps between the manual and automated methods?
Automation has the convenience of temperature adjustment as part of the programmed steps. For added convenience while performing the method manually, the temperature does not need to be adjusted between the various protocol steps. The temperature during wash steps has no impact on the performance.
FAQ ID - 4024
After the air-drying steps, I can still see liquid. Should I continue to dry my samples?
Yes, the air-dry step is necessary to ensure that any residual ethanol from the QSW2 buffer evaporates away prior to continuing. Ethanol carry-over into the sample eluate is inhibitory to downstream PCR applications. Prior to the incubation step, ensure all liquid is removed using a pipette; you may need to aspirate more than once. Be careful not to disturb the magnetic beads.
FAQ ID - 4023
Can I make the binding buffer in advance?
For best results, prepare the binding buffer immediately before use. Gently mix the two reagents together in a suitable tube (e.g., a 50 mL conical tube) and gently mix by inverting 3–4 times. Do not shake vigorously as this can lead to excessive bubbling.
FAQ ID - 4021